平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
もちろん、無料ですよ。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(472)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(158)

おせちの内容につきましては、このブログを書いた時点での感想であり、2018年のお正月に頂いたときは、この内容とは違っておりましたので、ここにその旨を追記しておきたいと思います。(2018年11月02日追記)

あけまして、おめでとうございます。
とはいうものの、特別な日廃止論者の凡にとってはお正月と言っても普通の1日にしかすぎないのであります。
でありますが、昨年の大晦日は、みゆきさんが紅白に出場すると言う特別な大晦日でありましたので、大晦日に続くお正月も今年に限っては特別な1日となったのであります。
それにしても、美しかったですね、みゆきさん。
白いあれはドレスっていうのかな、凡は服装の名前を知らないんだけれど、すごく素敵だった。
その裾が風で揺れてさ。
あたかもスコットランドの爽やかな風が通り抜けたようだった。
そして途中で白いドレスを取って、ゴールドのドレスになる。
これはお得だ。
大阪人だから、みゆきさんであっても得かどうかを判断してしまう。
白いドレスとゴールドのドレス。
2度もみゆきさんの美しい姿を見られるのだから、これは得どころじゃない。
お正月前の福袋だ。
それにさ、歌っている時の笑顔も素敵だし、手や指の動きも美しい。
もうウットリと見とれるしかなかった。
とはいうものの、その時はかなり酔っ払っていたのであります。
なので、凡は放送を見ながら、みゆきさんの髪型を大笑いしていたそうなんです。
前髪をクルクルとカールしているのが可笑しかったらしいのです。
でも、それは酔いが醒めた今も、そう思う。
素顔のみゆきさんは、こころが打ち震えるぐらい可愛い。
そして、ステージのみゆきさんは、本当に美しい。
しかも、その美しさを見ている人に表現する術も心得ている。
なのですが、何故かホームページの表紙やチラシに載っている写真は凡好みじゃない写真が多い。
だから、もっと可愛い写真があるのになあと思ってしまう。
そんな気持ちがあったせいか、紅白のクルクルの髪型を大笑いしてしまったようだ。
とはいうものの、あのクルクルはクルクルで、それはそれで可愛いんですよね。
というか、みゆきさんは何をしても、何であっても、好きなんだ。
それにかなり酔っ払っていましたものね。
みゆきさんを見た後に、凡は「痛い、痛い!」と叫んだそうです。
びっくりしてミニボンがやってきて尋ねたら、「鼻を打った。」と言ったそうです。
「どこで打ったん。」とミニボンが聞くと、「御膳の角で打った。」と言ったそうです。
「御膳の角で何で打ったん。」と聞いたら、「鼻をかんでいて打った。」と言ったそうです。
「どうやって打ったん。」と心配して聞いたら、つい今のことなのに「今となっては解らん。」と言ったそうです。
そんな会話も鼻を打ったことも、次の日には忘れていたぐらいなので、よほど酔っ払っていたのだと思うのであります。
なので、みゆきさん、髪のセットのクルクルを大笑いして、ごめんなさい。
でも、本当に素敵でした。
今は食遺品関係の小売業の会社に勤めているので、大晦日まで仕事で年明けは2日から仕事ということで、休みは元日の1日だけ。
元日はミニボンの実家に行くので、昨年も恒例のお節料理の大晦日食いをやりました。
大阪キャッスルホテルの洋風おせち。
一昨年に、この大阪キャッスルホテルのおせちを注文してから、ここ以外のところに注文する気がしなくなった。
それほど、ここのおせちは魅力的だ。
何が魅力的かというと、兎に角品数が多い。
しかも、どれも手のかかった料理で、しかもお重にぎゅうぎゅう詰めにされている。
普通のお店のおせちなら、上から見て綺麗に平面的に並べられているだろう。
でも、大阪キャッスルホテルさんのおせちは、立体的だ。
お品書きと実際のお料理を食べる前に見比べるのですが、あれこの料理どこかなと思うと、別の料理の下にしっかり詰まっている。
南アフリカ伊勢海老のグラタンだって、普通は上から見える半身だけだと思うだろう。
でも、半身を取ると下にも、もう半身入っている。
上から見ると、ちょっと顔をのぞかせている料理も、下にぎっしり埋もれている。
まるで宝探しをしているような気分になるのであります。
そんなボリュームのあるおせちだけれど、見た目も綺麗だ。
とはいうものの、食欲の出る綺麗さなのであります。
先日、テレビで若い女性のタレントさんが、洋風の料理を見て、「食べるの勿体ないぐらい綺麗。」ってコメントをした。
それは大きなお皿にちょこっと料理が乗っていて、ソースを白い皿をキャンバスに見立てているのか、料理とは関係ないお皿のスペースに、絵か字を書くように垂らしていたのです。
最近は、こんなソースの掛け方をするお店が増えた。
ナンセンス!
誰かが、どこかの有名なお店が、そんなことを始めて、それを見た才能のない料理人が真似をしているだけである。
勿論、それを1番初めにやった人は、エライと思う。
何でも、初めてやった人は、凡は無条件にエライと思う。
でも、2番目以降にやった人は、それは真似でしかない。
料理人は、もっと自分の感性に従って、盛り付けや料理をしてほしいと思う。
たとえ、それが皆に評価されなくても、それはそれで立派な料理になると思う。
それに、「食べるの勿体ないぐらい綺麗。」というのは、料理としては失敗作だ。
頂きますも言うのを忘れて、箸が出ちゃうぐらいの料理の方が力がある。
そんな意味からも、大阪キャッスルホテルのおせちは、綺麗だけれど、宝探しの楽しさがある。
と、大阪キャッスルホテルさんを絶賛するブログになってしまいましたが、おすすめのおせちであります。

画像
画像

結構大きな木箱に入って、税込11880円。
凡には少しばかり高価だけれど、それ以上の値打ちがある。
そんな豪華な御馳走があったゆえに、飲みすぎという結果になってしまった訳でありまして、みゆきさんを笑ったり、鼻を打ったりと、大暴れした大晦日となった次第であります。
そして、元日は二日酔いで目が覚めたのは、これは正月早々の失敗でありました。
そんでもって、恒例のなみふくの年賀状。
みゆきさんが出したわけでもないのだけれど、少しばかり嬉しい。
昨年は、印字された宛先と印字されたなみふくの有効期限に、みゆきさんとの距離をこれでもかと感じさせられたのでありますが、今年は脳天気なポジティブ思考でいきましょう。

の宛先のシールは、みゆきさんが貼ったものじゃないけれど、年末にアルバイトで集められたエクボの可愛い女子高生が、キャピキャピ笑いながら貼ったものだと思い込もう。
ありがとうね、エクボの女子高生ちゃん!
凡は、たとえ印字シールをみゆきさんが貼ってなくても十分幸せだよーん。

年もアホな凡でスタートであります。

コメント

  1. うかれぶた より:

    あけまして おめでとう ございます♪ 凡さん♪
    私なんか、お笑いの観すぎか、鏡餅もお供え忘れて2日になって出した程に、普通にスルーしている年越しです。
    でも、やっぱり めでたいですょね♪
    みゆきさんと共に、生きて新年を迎えられたんですもの(*^o^)/\(^-^*)
    そして、凡さんとも、、
    シンクロの年末には笑いました(^o^)/
    ぎりの年末掃除に、ジェットチームの端が、鼻っ柱に飛んできて…まだ痛いです(T-T)出鼻挫かれ繋がり? それに、みゆきさんの…
    クルクル前髪♪ 私も ず~っと見ちゃいました、なんかクルクルお人形さんみたいで かわいい(^o^)/
    白いレースのドレスも、エリーのイメージを重ねたのかと思うけど、すごく似合って 可愛いい美しさ!!
    ゴールドも女神のよう!!
    舞台降りる時、マイクコードとドレスの裾をたくしあげた一瞬だけの、ひっしなる表情も、魅力的♪こんな可愛い顔もジャケットにしてほしい♪みゆきさんの コメントも聴きたかったなぁ♪

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    そうそう、年末にみゆきさんを見られただけで、目出度いです。
    でも、その他はいつもと同じ新年ですけれどね。
    昨年末は余裕が全くなく、年賀状もことしの3日に書いてだしたのであります。
    この辺のところも、うかれぶたさんとシンクロ?
    それに、鼻のシンクロ。
    それは、、、大丈夫ですか。もう治りましたでしょうか。
    それにしても、みゆきさんのドレスは、どっちも可愛かったですよね。
    ステージの扇風機でドレスの裾が揺れてね。
    それをみゆきさんが楽しんでるみたいだった。
    そんでもって、うかれぶたさんの言ってる舞台を降りる時。
    後ろ姿が凛々しいんですよね。
    何か、「きりっ。」とした感じ。
    あれは私もカッコいいなと思いました。
    それからエリーさんたちの待っているところに行く場面。
    あれは、みゆきさん絶対にカメラの位置や撮られ方を意識してたよね。
    やや体から離して右手を差し出すその場面は、後ろからのカメラを意識してたとおもう。
    でも、そんなみゆきさんも、可愛いんだよね。
    みんなに可愛く見てもらいたいな。
    それに、あの前髪のクルクルもね。
    笑っちゃったけれど、素敵なんだなあ。

  3. うかれぶた より:

    うかれぶたは。。。
    年賀状も…七草粥も、ズレズレの何もかも、抜け目なく…とろ♪ですょ~(^o^)/
    現在かろうじて、トロくないのは、、みゆきさんオールナイトへの、ハガキ♪
    だけで せう♪
    この緊迫感がなくなっちゃったら、あたしは どうなるのかしら~♪
    凡さんの鼻は大丈夫ですか?
    私は、まだ触ると痛いですね、これ以上低くならないように 立て直してるのですが…
    それとも、、クレオパトラと逆に、私の場合、鼻が低くなると…
    もっと 素晴らしい 歴史に変貌するとゆう 兆候かしら(*^o^)/
    すると…みゆきさんに近い環境の展開が望めたりして♪
    凡さんも!?きっと、良い前兆ではないかと♪
    今年も、勝手な無理やりシンクロ うかれぶたです♪
    もうすぐオールナイト♪
    先回のテンション上がりすぎの みゆきさん、私も少し心配でした。うかれぶたも、わざと うかれる時があるから( ´∀`)/~~
    ずっと、無理なく、素の、可憐な、みゆきさんでいてほしいな♪

  4. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    うかれぶたさんの鼻は、まだ痛いなんて、結構重症なんですね。
    鼻なんて、そんなに高くない方がいいんですよ。
    みゆきさんぐらいが丁度いい。
    それに、またまたシンクロで、ちょうどみゆきさんの鼻について書こうと思ってた時なので、みゆきさん、うかれぶたさん、私の、これまたシンクロに、ビックリしてたところなんです。
    きっと、今日の月イチでも、鼻の話題が出ちゃうかもしれませんね。
    ということで、私はネガティブ川柳1枚しか書けませんでした。
    それも奥さんネタで。
    今日は、お酒も控えめに夜中に備えます。
    今日のみゆきさんは、素の可憐なみゆきさんであれば、いいですよね。

タイトルとURLをコピーしました