平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。
日々のブログは、この下にありますので、こちらも見てくださいね。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(154)ダイエット日記。根を上げる。

5月5日
85.5キロ。
昨夜の、ビールやスパゲッティのせいだろうか、0.9キロ増えていた。
これは仕方がないか。
5月6日
85.5キロ。
どうも、この体重で停滞しているようだ。
ここを乗り越えると、また痩せて行くんだろう。
「よし、がんばろう。」
普通なら、普通の人なら、そう考えて、かつ実行するだろう。
でも、凡は極めて意志が弱い。
朝は、酵素。昼はフルーツと来たのだけれど、夕食は、またしても発泡酒350ミリと、
チンするスパゲティ(バジル風味・アンチョビ入り)と100円ローソンで買ったさんまの缶詰(かば焼き風)を食べてしまう。
もう駄目だ。
どうして、こうも意志が弱いのだろうか、自分で自分が情けなくなる。
そう嘆きながら、スパゲティを食べた。
これが、なかなか美味い。
ダイエット終了日は、8日と決めている。
とはいうものの、
食べたいのを我慢して食べないことも、誘惑に負けて食べてしまって後悔することも、これはストレスだ。
もう5キロは痩せたんだから、ダイエット成功ということにしよう。
うん、そうしよう。
そして、ミニボンに宣言した。
「ダイエットは、明日で止める。」
「えーーー。」
ミニボンががっかりしたように、長いため息をついた。
何でも、凡がダイエットしている間は、料理を作らなくていいから、すごく楽らしいのです。
なので、ずーっとダイエットをしていて欲しいらしいのです。
まあ、そんな希望は諦めてもらうしかない。
5月7日
84.5キロ。
昨日、食べたのに痩せている。
朝食は、酵素。
お昼は、ダイエットを止めたんだから、どこかのお店で中華でも食べるかなと思っていたら、ミニボンがフルーツをタッパに入れたので、それを持って出かけた。
これは、ダイエットを続けて欲しいと言うアピールなんだろうか。
そう思っていたら、ミニボンからメールが入った。
「神戸の餃子と豚まん買って来ようか。」
間髪を入れずに「お願い。」と返信をした。
ダイエットを始めた時は、すごく楽しかったんです。
やっぱり体が楽なんですね。
食べないことをや空腹感を楽しむ余裕があった。
それは、意志でやるダイエットじゃなかった。
なのだけれど、続けていくうちに意志でやるダイエットに変わってしまった。
凡の意志は、弱っちい。
でも、今はダイエットから解放されて、うきうき気分を楽しんでいる。
家に帰ると、ミニボンが神戸の元町にある「ひょうたん」で、餃子を10人前と、南京町の「老祥記」の豚まん40個を買って来てくれていた。
それにしても、餃子の10人前はいいとして、豚まん40個は、少し多くないですか。
そういうと、わざわざ電車賃を払って神戸まで買いに行ったんやから、ちょっとだけ買うのは、却って勿体ないという。
まあ、それはそうだ。
その夜は、ビール3本と、餃子5人前、豚まん15個を食べて、至福の時を過ごした。
次の日の朝、5月8日。
85.4キロ。
あれだけ食べたのだけれど、0.9キロ増に留まった。
それからというもの、
ピザ、焼肉など、ダイエット中に食べたかったものを食べまくり。
5月13日に体重を測ると、87.5キロだった。
体重増えるのも早いですね。
それでも、まあズボンは入るようになったので、いいか。
結論としては、
腹八分目で、適度な運動、それが一番。
とはいうものの、それが一番難しいのでありますが。

コメント

  1. oriver より:

    戻るのは簡単にそれもあっという間に戻っちゃうんですよねぇ。継続するのが一番の敵!(笑)
    私の場合はほんとにちょっとの努力なので成果は小さいんですけど(^^ゞ
    あ、腹八分目の効果は高いと思われますぅ。
    これだけでも、意識したい所ですよね。
    oriverも続けるので、凡蔵さんも「腹八分目」を続けてくださいね(*^_^*)

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、oriverさん。
    腹八分目、、、、これが中々できないんですよねー。
    最近はやっている、ロングブレスダイエットは、どうでしょう。
    リバウンドしないそうですよ。
    、、、もう、腹八分目をしないでもいいダイエット法を探していますよ。
    でも、腹八分目は、どう考えたって、体にいいんですよね。
    内臓の酷使をしている日常の食事を考えると、必要だなって思います。
    oriverさんもダイエット頑張ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました