平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
もちろん、無料ですよ。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

そうだ、ソウルへ行こう!(132)

画像

鐘路3街(チョンノ・サンガ)の屋台で食べる焼き鳥はたれ味ではなく、韓国風の辛いたれに付けて食べた。
そうだ、もう少し注文しよう。
目の前のガラスケースには食材が並べられている。海産物が中心のようだ。
そこに小さなイカがあった。
白く可愛いイカだったので、これを注文。
オバサンはその白いイカを取り出すとその中の1杯を取り出しハサミで切り開いて胴体と足に分けて屋台の奥に行って何かをしようとしている。
なるほどこんな小さなイカでも1杯1杯刺身風にするのかなと思っていると、その作業は1杯だけで終わって、無造作にお皿に盛られたイカが出てきた。
なんだ面倒くさくなったんだ。
聞くとこのまま食べろという。
オバサンは韓国風のタレとワサビを大量に付けて食べろという。
小さいイカなのでそのまま丸ごとワサビとタレに付けて食べる。
美味しいというよりはタレとワサビの味で、でも屋台で食べているという雰囲気的付加価値も加わり楽しい。
でも、ここは所謂おでんやチャプチェなどはないのだろうか。
どちらかというと凡はそんな料理を期待していた。
「ええやろ。」のカップルを見てみても海産物を刺身で食べているようだ。
でも、まあこれはこれで楽しいからいいだろう。
しばらくすると、テーブル席のカップルが店を出た。
オッチャンの「なあ、ええやろ。」はええことになるのだろうか。
とはいうものの「ええやろ。」でも「あかんやろ。」でも凡には関係ない。
オバサンはテーブルの料理を片付け始めた。
その時である、凡は一瞬目を疑うオバサンの行動が目に入った。
オバサンは、「ええやろ。」のカップルの残したホタテのヒモ(ホタテの周りの部分)を調理スペースの水でシャバシャバとゆすいだかと思うと、ポンと凡の目の前のガラスの食材ケースに戻したのである。
えーーーっ。
見間違いかと思ってミニボンを見ると、ミニボンも見たというのだから間違いがないだろう。
詰まり目の前のガラスケースに綺麗に並べられている食材は使いまわしされているということだ。
そう考えるとあるオバサンの行動が引っかかってくる。
凡がイカを注文すると1杯のイカのお腹を開いて奥でなにやら見ていた行動だ。
あれはひょっとしてそのイカがまだ食べられるかどうか、まだ腐ってないかどうかハサミで開いて確認していたのではないだろうか。
そういえばやたらとワサビやタレを沢山付けろと言ってきたのも納得がいく。
ワサビには殺菌効果があると聞いたことがある。
それはないよオバサン。
ソウルまで来て食中毒は堪忍してほしい。
とはいうものの、もう食べてしまったからにはどうしようもない。
そう言えば新鮮なイカは茶色だ。
目の前のイカは白い。
急に食べる意欲が半減したが、今から屋台を変えるのも面倒くさい。
そのまま飲んでいたら、ミニボンがもうそろそろ帰りたいという様子になってきた。
もう少し付き合って欲しいんだけど。
怒らせてもこまるので、そろそろ撤退する時間かな。
残りのビールを飲み干したら帰ろう。

コメント

  1. とっちゃん より:

    凡蔵さん、131号にコメントを書きましたが、スパム制限により云々と言うエラーメッセージが出て、コメントできませんでしたよ~

  2. とっちゃん より:

    またダメになりました・・・
    コメントできません~

  3. 凡蔵。 より:

    ごめんなさい!とっちゃん。
    今、設定なんかを見てみたのですが、原因不明です。
    一番初めから何も変えていないので書き込みできるはずなんだけど、私の知識ではまだ解決できていません。
    折角、コメントしていただいたのに、ごめんなさい。
    また、調べてみます。

  4. 凡蔵。 より:

    それから、とっちゃんさんが帰国されての旅のレポート拝見しました。
    やっぱり、羨ましくなりましたよ。
    次の展開を見るのが楽しみです。

  5. とっちゃん より:

    凡蔵さん、分かりました!
    おの怪しいカップルは○ッチ出来たんでしょうかね?ではなく、○のところはエを入れたんです、そしたら受け付けなくなったようです!
    試しにもう少し長いコメントに挑戦しますよ~
    食材を使いまわすのは案外あるようですよ~
    一時期新聞などで話題になっていましたし、無料の多くの葉っぱ類は特にその傾向があるようですね・・・
    でも流石にイカは無いんではないのかな~って書いている最中に、帆立のヒモをガラスケースに戻したって事は、イカもありうるって事ですね・・・
    う~ん、なんだか微妙な感じですが、お腹は大丈夫だったんでしょうか???

  6. 凡蔵。 より:

    ありがとう、とっちゃん。
    コメントにもそういう制限があるんですね。
    勉強になりました。
    やっぱり使いまわしはあるのでしょうか。
    そういえば、焼肉なんかを食べに行くと色んなオマケのおかずが付いてくるでしょ。
    あれなんか、そういわれればちょっと不安になってきますよね。
    ワサビを大量に付けたお蔭でしょうか、大丈夫でした。
    普段から賞味期限ギリギリの物を食べて訓練しているお蔭かもしれません。貧乏人バンザイ!

  7. とっちゃん より:

    凡蔵さん、まだまだですな~
    自分は賞味期限や消費期限を過ぎていても食べちゃいますね
    期限を過ぎたからと言って、いきなり腐る訳ではありませんからね~
    過去の経験から、ほとんどの食品は期限を相当過ぎても大丈夫ですね~
    玉子などは半月経過は当たり前ですね!
    まぁ気を付けなければいけないのは、魚介類、特に貝は注意が要りますね~
    あとはひき肉製品は要注意です!
    ひき肉は表面積が多いので、空気に触れる部分が多く痛むのがやっぱり早いですね・・・
    まぁ色や臭いで分かりますけどね~
    あと、直射日光にさらされたおにぎりも注意が必要ですね~
    海水浴の残りのおにぎりは食べない方が無難ですね!
    話はそれましたが、自分は食べる事が大好きなので、なるべく食材を無駄にしないようダメになる前に食べるようにしていますよ~

  8. 凡蔵。 より:

    ありがとう、とっちゃん。
    賞味期限については、
    内の奥さんは冷凍したら一生大丈夫だと言ってます。
    冷凍庫の中にはいつのものか分からない食材が入ってますが、あれは果たして大丈夫なのだろうか。

タイトルとURLをコピーしました