散散歩歩。(873)青春18きっぷ・1枚目・名古屋日帰りの旅。

気がつけば3月。
明日も休みだし、その後に、日曜日、月曜日の連休がある。
そこで思い出したのが、青春18きっぷだ。
どこかへ行ってみようと思ったのが、3月8日の木曜日の前日の7日だった。
ミニボンに、ちょっと日帰りで出かけてくると言った。
とはいうものの、今回もまた、行き先が決まっていない。
日帰りとなると、いつも同じような路線に乗っかってしまっている。
前の夜に、布団に入って行き先を考えるが、ここだと決められずに寝た。
ただ、伊勢か或いは、名古屋あたりに行ってみようとは漠然と考えている。
さて、当日の8日(木曜日)。
そんな訳で、ゆっくり目に家を出発。
京橋駅で青春18きっぷを購入。
チケットショップで必要枚数を買わないのは、このチケットがあるから、仕方ないから何処かへ行くんだという、凡の為の言い訳づくりである。
5回分が1枚になっているので、今日1回何処かへいったとしても、まだあと4回何処かへ行かなければいけない。
チケットを買っちゃっているものね。
という訳なのであります。
京橋駅で、まずは学研都市線に乗るのだけれど、反対側のホームで朝のそばを食べる。
朝きざみ定食、320円。

画像

そんでもって、また反対側に戻って、加茂行きの電車に乗り込む。
確か9時24分ぐらいだったか。
木津駅で乗り換えて、加茂駅に着。
加茂駅から関西本線に乗り換える。10時41分。
これで取り敢えず、亀山駅まで移動であります。
この移動時間に、今日の予定を考える。
伊勢の方へ行って、まだまだ言っていない神社やパワースポットなどがあるので、そこを歩き回ってみようかと思う。
ムー民としては、いつ行っても魅力的なエリアなのであります。
伊勢なら、美味しいものもあるだろう。
そう思っていたら、雨が降って来た。
車窓の風景も遠くの山並みが霞むぐらい降っている。
雨の中を神社巡りというのも、これは趣があるものだ。
とはいうものの、濡れてグショグショというのを考えると、やっぱりコンクリートの屋根のあるところに逃げたい気もする。
それなら、亀山駅から名古屋に向かうか。
そういえば、今まで名古屋は何度も行ったけれども、毎回東海道線だ。
関西本線で、名古屋に入ったことがない。
ということで、名古屋に逃げることにした。
亀山駅で5分ぐらい構外へ出て、5分間の亀山を楽しむ。
んでもって、名古屋駅行きの快速に乗り込む。
11時24分。

画像

(ほんの5分でも、駅の外に出ると旅をした気分になる。駅前の鳥居が気になったが、そのまま名古屋へ向かう。)
途中、もし四日市とか桑名でヒラメイタラ、降りてみようかと思ったが、そのまま名古屋駅に到着。
さて、名古屋に着いたら、13時も回っているので、昼食といきましょう。
前回に名古屋に来た時に、矢場とんで味噌カツを食べて、その後に、近くにあった台湾ラーメンのお店に行ったのですが、雰囲気も現地風で良かったし、また行ってみたいと思う。
ただ、前回に行ったのは矢場店なのですが、名古屋駅にもお店があるという。
なので、近い構内のお店に行ってみることにした。
構内だけれど、名古屋駅も広くて複雑で、迷って到着。
台湾ラーメンの味仙さん。

画像

(値段を見て、路線変更)

画像
画像

さすがに駅の中なので満席に近いぐらい混んでいる。
さあ、一品料理を取ってビールでも頂いて、休日の優雅な昼食と行きましょうかとメニューを見たら、思っていたよりも値段設定が高めだ。
なので、普通の台湾ラーメンを軽く食べるという路線に変更。
先に、手羽先の煮込んだようなものでビールをやる。
台湾ラーメンは、あっさりしたベースのスープなので、鷹の爪のようなストレートな辛さが、普通の激辛ラーメンなどより、強烈に感じる。
頭から汗を流しながら食べた。
さて、これから名古屋観光なのですが、電車に揺られながら考えた行き先に行ってみる。
リニア・鉄道館。
名古屋駅から、あおなみ線に乗って、金城ふ頭駅まで移動。
この線は名古屋市の外郭団体が運営するの第三セクターの路線のようだ。
しかし、リニア・鉄道館に行くのにJRじゃないというのも、気持ちが悪い。
民間か、国有、今はJRになっているのでJRでもよいけれども、そのどちらかだと気持ちが良いのだけれど、第三セクターというのは、どうにも気持ちが悪い。
とはいうものの、仕方がない。
リニア・鉄道館は、広い施設に新幹線を始め、在来線の機関車や客車などを展示している。
新幹線の0系、100系、300系、700系を並べて見るのは、子供でなくてもウキウキしちゃう。

画像
画像

その他にも、いろんな列車が展示されていて、1部は中に入って見ることが出来る。
0系の新幹線の運転席を見に行ったら、ちょうど写真撮影をしているので1枚どうかと、若い女の子に尋ねられた。
鼻の下を伸ばしたわけではないけれど、何となくやると返事をしてしまった。
置いてある衣装を見ると、小っちゃいのばかりだ。
小学生の低学年ぐらいかな、やっぱり子供をターゲットにしているのは、誰が考えてもわかるのだけれど、もう、やるって返事をしてしまった。
撮影の人も若い女の子で、「はーい。撮りますよー。」なんて、子供相手のように言われてポーズをとる。
何とも恥ずかしい。
更に、凡の表情を引き出そうとしてか、「帽子にあってますよー。」なんてことも言われる。
ますます、恥ずかしい。
そうやって撮影した写真は、すぐに貰うことが出来る。
1030円は、高かったか。

画像

(若い女の子を前に少しばかり緊張)
展示列車の中には、新幹線の食堂車もあって、懐かしくもあり、また復活して欲しいなとも強く思う。
近郊の電車は別にして、ある程度の距離を走る列車には、やっぱり食堂車を連結して欲しい。
たった1両連結してあるだけで、何ともココロオドル列車となるのであります。

画像
画像
画像

そんでもって、このリニア・鉄道館には、リニアモーターカーの体験ができるコーナーがある。
どんな体験なのかと期待したら、ただ座席があって、前のモニターで、走る映像を見て、その速さを疑似体験してみるというものだった。
少しばかり拍子抜け。
でも、どんなものかと体験するのに、シートに座ったら、横幅がスコブル狭い。
凡の体は、やや太ってはいるけれども、座った瞬間、その狭さに、これからの旅がシンドイものになりそうな予感でテンションが下がる。

画像

(リニア体験コーナー。座って撮ったので全体が見えないけれど。)
座った狭さとは、まず、ひじ掛けと身体の隙間がない。
なので、両手はひじ掛けの外側、詰まりは、隣の人の空間に出てしまうことになる。
ひじ掛けの取り合いどころか、相手側の陣地に凡の腕が出てしまうので、喧嘩になっちゃうよ。
シート配列は、確か2-2だったか。
車両自体が小さいので、こうなるのだろう。
リニアなんて、もし完成したなら、日本の列車の頂点ともいえる乗り物じゃないか。
そうやたらに乗れるものじゃない。
わくわくしながら乗ったら、車体も小さくて、シートも狭くて、窓も小さくて、なんてことになったら旅の楽しさが全く無いじゃない。
説明のお姉さんによると、このシートは実際の大きさだという。
「はあー。」ため息が出た。
またしても、このリニアを作ろうとしている人たちは、鉄道魂の無い人ばかりなのだろうか。
昨年、上海でリニアに乗ったけれども、もっとゆったりとしていたし、もう既に走ってるんだものね。
とはいうものの、このリニアに凡は、これっぽちもかかわっていない訳で、そんな批判ばかりしては、現場で工事などに携わっている方に、やや申し訳ないのでこれぐらいにして。
ただ、もうこの方針で決まっているなら、せめて乗務員はCAさんのような美人で、出来ることなら制服はミニスカートで、或いは、シースルーで、、、、と、そんな夢も出てくるのだけれど、その辺りも一旦置いておいて、折角の優雅なリニアの旅を演出することを考えてくれたらなあと思う。
例えば、機内食のようなイメージの車内食がサーブされるとか。
時間的に無理であれば、カップ&ソーサーでのコーヒーなどの提供とかね。
紙コップじゃなくてさ。
或いは、シートが狭いんだから、入口にクロークを作って、コートなどを預けることができたり。
そんでもって、リニア・鉄道館では、抽選で(別料金)在来線と新幹線の運転のシュミレーションをして遊ぶことが出来るのだけれど、凡も好きでやったことあるのだけれど、運転の仕方を知らないので、やめた。
何しろ、後ろにギャラリーが出来たら、みんな鉄ちゃんだもの、そんな人の前で運転なんて出来ない。
そんな風に、やや小走りで1時間ぐらいだったか見て回った。
もっと余裕があれば、2階には駅弁も販売しているし、半日は簡単に時間を潰すことが出来そうだ。
でも、凡はそろそろ帰ることも考えて、名古屋駅に戻った。
どこか繁華街にでも行って手羽先なんてもの美味しいだろうなと思ったけれど、そうなると最終電車になるだろうし、今日は取り敢えず青春18きっぷの肩慣らしということで、名古屋駅の構内で食事をして帰ろうかと思う。
そこで名古屋の名物だ。
考えてみると、名古屋の名物と言って思いつく食べ物は、結構沢山ある。
大阪の街は、くいだおれなんて言うけれども、凡にしたら、名古屋の方がよっぽど食べるもののバリエーションが豊富だと思える。
それに、濃いめの味で、量も多め。
正しく、凡好み。
大阪で思いつく料理というと、お好み焼き、タコ焼き、551、大阪寿司、立ち食いの串カツ、、、そんなものか。
でも、名古屋というと、味噌カツ、味噌煮込みうどん、きしめんもあるし、鰻のひつまぶし、喫茶店のモーニング、そう小倉トースト、エビフライ?これは名物かどうかは疑問だけれどね、手羽先、ういろう、今日行った台湾ラーメンもそうだ。
結構、種類がある。
んでもって、最後に名古屋名物を食べて帰ろうと思った時に目の前にあったお店に入る。
あんかけスパ。
ネットによれば、このあんかけスパというのは、太めの柔らかい麺を炒めて、胡椒の聞いたソースを掛けてあるらしい。
それで、1度食べただけでは、その良さは解らないという。
何度も食べるうちに忘れられない味になるという。
これは面白い。
それなら、凡も1度食べてみよう。
そして、良さが解らないというのを体験しよう。
と、入ったのが、スパゲッティーハウス「チャオ」さん。
店内は、列車を利用するお客さんで満席近い。

画像
画像

どれにしようか迷ったのですが、店員さんの1番人気というのを注文。
「ミラカン」という野菜を炒めたものが乗っているスパだ。
して、名古屋名物のあんかけスパなるものは、中華料理のようなあんかけ、詰まり片栗粉でトロみをつけたようなあんが掛かっているのかなと思ったら、普通のソースっぽいものが掛けられていて、しかもソースの量はそれほど多くない。
それを少しかき混ぜて口に入れると、味が驚くほど薄い。
胡椒の効いたソースを想像していたからか、ほんのりした味付けで、ネットの説明にあったように、イマイチ、最初にこれが名物なのと疑問に思った。
何度も食べると、本当に、これにハマってしまうのかなというのが正直な感想だ。
名古屋名物にしては、非常に薄味なんだ。
これなら、よっぽど、炒めたイタリアンスパをあつあつの鉄板に乗せて、周りに溶き玉子を流した、もう1つの名古屋名物のスパゲティの方が凡の好みといえる。
ところが、食べ進むうちに、何となく、これでもまあいいかという気持ちにもなってくるので、そうだな、10回ぐらい食べ続けたら、また食べたくなる味なのかもしれない。
不思議な食べ物である。
店を出たら、まだ少しだけ時間がある。
なので、すぐ近くにあったビールのお店に入って、スタウトと、名古屋名物の味噌串カツを注文。
それを飲み干して、ホームに向かう。

画像

16時20分発の快速米原行き。
これで帰れば、それほど遅くはならないだろう。
と思っていたら、ツイッターを見た友人からメールが入った。
途中下車しないかと。
今日は瀬田に泊るから、途中下車してビールでも飲みながら話をしようというわけだ。
とはいうものの、ゆっくりする時間もないので、とはいうものの、折角のお誘いなので、終電に間に合う時間までということで、南草津駅で待ち合わせて、駅の近くのお好み焼き屋兼居酒屋のようなお店で少し話をする。
んでもって、そろそろということで22時10分発の列車に乗り込む。
本来なら、青春18きっぷなのだから、大阪駅まで行って、環状線で京橋まで行って、そこから京阪電車というのが、これが王道なのだろうけれど、少し早く帰れるという理由で、高槻で降りて、阪急電車に乗り換えて南茨木まで行って、そこから大阪モノレールに乗って、自宅へ戻る。
まあ、青春18きっぷの肩慣らしとしては、まあまあ電車に乗ったのかな。
京橋駅⇒木津駅⇒亀山駅⇒名古屋駅
171.7キロ、3020円。
名古屋駅⇒南草津駅
127.9キロ、2270円。
南草津駅⇒高槻駅
41.3キロ、760円。
合計 340.9キロ、6050円。

画像

(名古屋名物ういろう。みゆきさーん。ういろう買ったよー。と、みゆきさんファンじゃないと解らないコメント)

画像

=========================================
平 凡蔵。へのファンレターや
       お褒めの言葉は
sansanpopo@tairabonzou.jp
=========================================

コメント

  1. ゆけむり より:

    名古屋にちょっと行ける距離って良いですね
    いつか名古屋グルメを楽しみたいと思っているので羨ましいです
    台湾ラーメンのお店は意外とお高いんですね
    なのに満席とは人気があるお店なんでしょうかね?
    リニア鉄道館は本物の車両を間近で見られるなんてこれは楽しそうですね
    でも記念撮影はちょっと遠慮したいですよ
    あんかけスパも食べてみたいです
    やはり独特の味付けなんでしょうか?

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、ゆけむりさん。
    名古屋は、美味しいものが沢山ありますよー。
    是非是非、行ってみてください。
    んでもって、台湾ラーメンは、割と高めですが、まわりの人は、結構、単品も取って食べてましたよ。
    今は、思い切って1つぐらい注文したら良かったかなと思ってます。
    そんでもって、リニア・鉄道館の記念撮影は遠慮ですか。
    若いお姉さんに「はーい。撮りますよー。」なんて言ってもらえるですよ。
    嬉しいですよー。
    そんでもって、そんでもって、あんかけスパは、私の食べたお店のは、味が薄かったです。
    他のお店のは、胡椒が効いた少し酸味のあるソースだとネットなどに書かれてますが、それも食べてみたいです。
    ただ、ネットにもあったように、1回食べただけでは、その魅力は解らないです。

タイトルとURLをコピーしました