平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。
日々のブログは、この下にありますので、こちらも見てくださいね。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(728)味噌味の牛鍋の味。

牛丼といえば、吉野家、すき家、松屋、なか卯などの外食チェーン店を思い浮かべる。
凡の家の近くには、すき家があるので、よく中盛りをテイクアウトするのですが、でも、一番メジャーなのは、吉野家じゃないだろうか。
その吉野家は、途中、いろいろあったけれど、その創業って明治32年らしいですね。
老舗のお店と言ってもいいのかもしれないですね。
お店の名前だけはね。
そんな牛丼を、先週、タダで食べてきました。
凡は、ソフトバンクユーザーなので、今月の金曜日は、タダで食べれるキャンペーンをやってたんですよね。
ありがとう、ソフトバンク。
ありがとう、吉野家さん。

画像

(いつも、途中で肉を食べきっちゃうんですよね。)
来月は、毎週金曜日に、サーティーワンのアイスがタダになるそうです。
でも、アイスじゃなあ。
行くの恥ずかしいなあ。
ここで少し話が変わるのですが、明治から続いている(途中、いろいろありましたが))吉野家の牛丼と同じぐらい歴史のあるというか、もっと古くから(明治元年)から、やられている横浜の太田なわのれんの牛鍋のことであります。
普通、牛鍋と言ったら、醤油と砂糖、或いは、それらで作った割り下で、牛肉を調理するものだと思っていたのですが、「ゆけむりさん」のブログで、太田なわのれんさんの牛鍋のことを書かれていて、そのお店は、味噌で作るということを知ったのであります。
それで、その太田なわのれんさんのホームページを見ると、八丁味噌を使った鍋で、見るからに美味しそうです。
それに、私は、八丁味噌が大好き。
とはいうものの、太田なわのれんさんのホームページで、牛鍋のお値段をみると、そんなの、なかなか気安く行けるお値段ではありません。
でも、食べたい。
でも、高い。
でも、でも、でも。
ということで、ネットで検索をしてみると、そのレシピなどが書かれているページも、沢山ヒットした。
なので、それなら自分で作ってみようという訳なのであります。
お肉は、本当なら霜降が良いのでしょうけれど、取り敢えずは、実験なので、赤身のステーキ用を買って、1口サイズにカット。
その他の具材は、白ネギと豆腐のみ。
ただ、後でうどんを入れてみようと、これはシメように用意した。
それでもって、肝心のタレである。
ネットには、幾種類かのレシピが書かれていたけれど、太田なわのれんさんのHPの写真を見て、これが近いんじゃないかなというイメージの物を採用。
八丁味噌と砂糖、これを同量。
それに、醤油少しと日本酒少し。
濃いめが好きなので、レシピの倍量を作った。
それと、スキヤキ鍋もあるのですが、実験なので、小さいステンレスの鍋でやってみる。

画像

(味噌の色が、うまく撮れないなあ。ステンレスの鍋なので、居酒屋の1人メニューみたい)

画像

(こっちは、HPから拝借した、本物の写真。やっぱり、違うね。)
ネギを沢山いれたせいか、それほど肉も鍋に焦げ付くことも無く、何となく煮えて来たところを、生玉子を潜らせて頂く。
肉が、厚いので、「肉を食べてる!」という感じだ。
それに味も濃いめなので、なかなか良い。
明治の人は、こんな厚めの肉を食べてたんだと、意外だった。
鍋を食べたら、後はうどん。
これも味が濃いめなので、ご飯のおかずにもなる。
ということで、明治風、横浜風、太田なわのれんさん風の牛鍋を、美味しく頂いたのであります。
とはいうものの、本物を食べていないので、これで良かったのだろうか。
これは、1度は食べて、検証をする必要がありそうですね。
だってさ、これだったら、焼きそばを、醤油味で作って、「ああ、これが、焼きそばなんだ。」なんて言っているようなものだものね。
まあ、醤油味の焼きそばも、美味しいけれど、元の味とは全然違うし。
とはいうものの、本物のお店には、いけないだろうなあ。
それから、今度は、具材ももっと増やして、肉も薄い肉でやったら、これもまた美味しいかもしれないな。
それにしても、名古屋の人は絶対に好きな鍋じゃないかな。
名古屋に、味噌の牛鍋はないのだろうか。
それも気になるなあ。

画像

=========================================
平 凡蔵。へのファンレターや
       お褒めの言葉は
sansanpopo@tairabonzou.jp
=========================================

コメント

  1. ゆけむり より:

    凡蔵さん、これはかなり良い感じで再現されましたね!
    今まで自分は再現しようとすら思いませんでした
    なんだか自分もチャレンジしたくなってきました!
    焼きそばを醤油で作ったらソース焼きそばとは違っちゃいますが、これはほぼオリジナルに近い感じで再現できていると思いますよ
    仮にオリジナルと若干違っていても、美味しくできたならばそれはそれで大成功ではないでしょうか?
    うどんも美味しそうですが、味噌が染みた生卵をご飯にかけても美味しいんですよ
    食べましたか?

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、ゆけむりさん。
    私、味噌も大好きなんですが、いくらなんでも、本店で食べるなんて、今は出来ないので、取り敢えず、想像で作ってみました。
    これを、また自分風にアレンジしても面白いかなと思いました。
    もっと具材も増やして、肉も、もうちょっと薄くして。
    でも、それじゃ、だいぶん、本物から遠ざかってしまいますけれど。
    とはいうものの、味噌を使ったら、大体、美味しくなりますもんね。
    更に、違うやり方をしても、そこそこ食べれる味になるのかも。
    牛鍋じゃない、他の鍋っていう感じで、やってみようかな。
    そんでもって、そういえば、ゆけむりさんが、味噌のしみた玉子をご飯に掛けたら美味しいって、そう書いていただいてましたね。
    その時は、忘れてしまって、うどんを投入してしまいました。
    でも、次回は、それ、やってみます。

タイトルとURLをコピーしました