平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
もちろん、無料ですよ。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(603)凡凡列車(3)

3月14日。
凡凡列車の2日目である。
今日この日が問題である。
どこを目的地にして電車に乗るのかだ。
昨夜のホテルでも考えていたのだが、まだ結論は出ていない。
候補としては仙台か八戸だ。
仙台は綺麗な街で好きだ。
繁華街もあって食事をするところも多いだろう。
きっと楽しいに違いない。
でも、初めての街へ行きたいとも思う。
そう考えると八戸もいい。
そして何より八戸には、凡1人の旅でしか行けない場所がある。
午前中の電車の中で考えた挙句に八戸を今日の目的地にした。
凡1人の旅しか行けないところとは、八戸にあるキリストの墓である。
八戸の新郷村(旧戸来村)にそれはあるという。
その真贋は凡は知らない。
ただ、不思議大好き中年としては、いつかは訪れてみたい場所である。
それに、ちょうど月刊ムーの4月号の特集が「歴史を覆す古史古伝正統『竹内文書』の謎」というもので、その中でもキリストの墓について触れている。
(因みに、この4月号のテーマの正統竹内文書は、一時話題となった竹内巨麿の竹内文書とストーリーは似ているものの、違う形で伝わったものらしいです。)

画像
画像

なかなかタイミングもよろしい。
この際に、行って見ようと思う。
まずは八戸での予定は、キリストの墓を中心に組み立てよう。
その流れで思いついた予定としては、八戸の次に青森で1泊して恐山に行ってみようと思う。
恐山も凡1人でなきゃ行かないところだ。
この際にここも行っておこう。
その他にも、ネットでUFOだとか不思議というキーワードで探すが特に行き先は見つけられなかった。
これも真贋は分からないが、東日流外三郡誌という古史もあるし、UFOの目撃例も多いらしい。
兎に角、東北地方というのは不思議な話の多いところであるので、今回は探せなかったけれども、きっと面白いところがあるはずなのである。
でも、昔から行きたかったところのキリストの墓と恐山へ行くことが決まったのは嬉しいばかりである。
八戸と今日の目的地が決まると、これは少しハードな日程となる。
とはいうものの、電車に乗るのは好きなので、それでいいのだ。
6時49分、上野駅発、快速ラビット。
8時18分、宇都宮着。
宇都宮駅で乗り換えの時間が短いためホームをスーツケースを持って走る。
8時20分、宇都宮駅発。乗り込むと電車は空いていた。
9時10分、黒磯着。
駅のホームで、カレーパンを食べる。
9時38分、黒磯駅発。
10時39分、郡山着。この区間、車内乗客少ない。
ここで乗り換え時間が27分あったので、駅弁を購入してホームで食べる。
福豆屋・のり弁当。900円。
のり弁当なんて、近所のテイクアウト専門の弁当屋によくある、ありきたりの名前なんだけれど、買おうと思った動機は、弁当の包み紙に「東北本線・郡山駅」とあったからだ。
こういう文字に弱いのね。

画像
画像

しかし、こののり弁当。
なかなかに良い。
まず、素材にしっかり味が付いていて、その素材も1つひとつ大きい。
この田舎風な感じがまた地方の駅弁の良さだ。
玉子焼きも大量生産のものじゃなく、たぶん手作りだろう。
上から見たらそれほどには感じないけれど、シャケも十分な大きさだ。
これは面白い弁当だった。
11時06分、郡山駅発。
11時54分、福島駅着。
この区間は、荷物を横に置いて座るなど、乗客のマナーの悪い人が多い気がした。
12時00分、福島駅発。
12時34分、白石駅着。
12時37分、白石駅発。
13時26分、仙台駅着。
通り過ぎてから思うと、福島も1度降りてみたい駅だった。
そして、やっと仙台に到着。
やっぱり仙台は都会だ。
都会は美人も多い。
なので、ここで約1時間の途中下車。
駅の前はロータリーのようになっていて、その上を歩道橋が広範囲に掛けられている。
数年前に来た時の記憶をもとに歩いて見るが、時間を焦って方向が定まらない。
兎に角、昼食を食べよう。
そういえば以前に美味しそうなラーメン屋があったような記憶がある。
思い出しながら店の前に来たら、並んで待っていたので止めた。
そして商店街を歩いていると、横道に中華料理店を見つけたので入ってみる。
「末広本店」さん。
本店というからには、これは良い店に違いないだろう。

画像

昔からやっている雰囲気のお店で、まず先に食券を買うシステムだ。
仙台にはマーボーラーメンというご当地ラーメンがあるが、前に食べたことあるので、それはパス。
美味しそうなメニューも多かったのだけれど、あんかけを食べたくなって広東ラーメンにした。850円。

画像

運ばれてきた広東ラーメンは、安心する美味しい味付けだ。
この安心する味と言うのは重要である。
折に触れて食べたくなる味で、いつ食べても美味しいということだ。
丼鉢も大きめなのでスープもたっぷりで、汁好きの凡には有り難い。
他の人を見ると、みそラーメンを注文している人が多いようだ。
名物なのだろうか。
メニューは他に、カレーなどもあったり、魅力的なメニューが多かったし、店の雰囲気からして、きっと他の料理も美味しいに違いない。
ラーメンを食べたら、それほど時間もないので、駅に戻る。
14時34分、仙台駅発。
15時20分、小牛田駅着。
15時35分、小牛田駅発。
16時23分、一の関駅着。
16時31分、一の関駅発。
18時05分、盛岡駅着。
この区間は車窓の風景が良かった。
広く開けた田畑や川が見えて、遠くには雪の山々が見える。
さて、ここからが問題だ。
というより、結論はもう出ているのだけれど、言いたいことがある。
盛岡駅から青森駅までは、東北新幹線が出来たことに伴って、第3セクターの運営になったために青春18きっぷが使えないのだ。
バカヤロー!!!
いくら新幹線が開通したからと言っても、在来線はそのままの形で残しておくべきなんだ。
全国の隅々まで鉄の棒を引っ張るということが重要なのである。
それをブツブツと鉄の棒を寸断してどうするの。
その行為のどこにメリットがあるというのだろうか。
盛岡駅と青森駅の間でいうと2つの会社が今は営業をしている。
つまりは、盛岡駅から目時駅までは、IGRいわて銀河鉄道、目時駅から青森駅までは、青い森鉄道が運営をしている。
なので、今日の凡の目的地の八戸駅に行くには、このIGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道を利用するしかなのだけれど、その区間は青春18きっぷが使えない。
普通の運賃を支払わなければいけないのである。
凡は別に盛岡駅から八戸駅に移動するのにお金を払わないと言っている訳じゃない。
本当なら、ここは第3セクターなんかにせずに在来線のままで運営すべき路線であって、その場合は、当然JRのきっぷである青春18きっぷが使えるはずの路線であるわけで、本来なら使えて当然の路線を、誰が決めたのかは知らないけれど、勝手に第3セクターの運営に決められて、体制のやりたい放題を無理にでも忍んで、その電車に乗らなきゃいけないのかということを言いたのであります。
なので、ほんの小さな抵抗をしたいと思う。
第3セクターは使わずに、新幹線で八戸に行くのであります。
盛岡駅から八戸駅まで、第3セクターを使うと、3040円。
時間も各駅停車だから1時間49分ぐらいかかる。
これが新幹線なら、指定席で4020円。(自由席なら3500円。)
時間も、31分ぐらい。
凡の小さな抵抗を考えから外してみても、どう考えたって新幹線だ。
それに、凡はまだ東北新幹線に乗ったことがない。
この機会に乗ってみたいという気持ちもあるのであります。
18時37分、盛岡駅発。
19時08分、八戸駅着。
東北新幹線、はやぶさ27号。
そんでもって、折角の新幹線だものね。
缶ビールにゆで玉子。
何とも嬉しいい新幹線でありました。
それにしても、やっぱり座先の幅狭いんですよね。

画像

今日の宿泊は八戸なんだけれど、八戸駅前じゃなくて、本八戸というところにした。
駅前よりも、本八戸というところのほうが賑やかな場所らしい。
八戸駅について、乗り換え時間に駅の周辺を歩いてみたけれど、何もなかった。
これは本八戸にして正解。
19時45分、八戸駅発。
19時54分、本八戸駅着。
今日の移動は、なかなかハードでしたね。

画像

=========================================
平 凡蔵。へのファンレターや
       お褒めの言葉は
sansanpopo@tairabonzou.jp
=========================================

コメント

  1. ゆけむり より:

    凡蔵さん、こんばんは
    どうやら行先は八戸に決まったようですね!
    どんな美味しい物と出会えるのかな?
    今後の展開が楽しみです

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、ゆけむりさん。
    八戸には言ったことがなかったので、決まったら楽しみになりました。
    結構、これから観光にも力を入れようとしているようです。
    私は半日しかいなかったのですが、まだまだ時間があれば行きたいところが沢山ありましたよ。
    種差海岸は、すごく美しい海岸で、また行きたいです。

  3. ゆけむり より:

    仙台にはマーボー焼きそばなるご当地グルメがあるそうです
    自分も食べたかったんですが、食べ過ぎで入る余地はありませんでした
    八戸の種差海岸ですが、自分も行きたかったのですが時間がありませんでしたよ・・・
    なるほど、チャンスがあったら行ってみたいと思いました!

  4. 凡蔵。 より:

    ありがとう、ゆけむりさん。
    そうそう、ブログにマーボーラーメンって書きましたが、間違ってました。
    マーボー焼きそばでした。
    何年か前に、仙台に行ったときに食べたのですが、こんなものかなという感じでした。
    でも、行き当たりばったりで行ったので、人気店だったら美味しかったのかも。
    種差海岸は、私も駆け足で見たのですが、広いので、ほんの1部と言う感じです。
    またゆっくりと行きたいです。

タイトルとURLをコピーしました