散散歩歩。(92)贅沢な旅行。ANAプレミアムクラス礼賛。機内食。

ANAのプレミアムシートは、ゆったりと凡の体を包み込んでくれる。
心地よいジェットエンジンの音が、疲れた凡のこころに浸み込む。
プレミアムクラスは、機体の前方にあり、2-1-2のシートの配置で10席です。
エコノミークラスは、2-3-2の配列なので、かなりゆったりとした空間が確保されています。
前列の右側に座ると、スチュワーデスさんが凡のタイガースのマークの入ったデジカメを褒めてくれる。
「タイガースのデジカメですか。素敵ですね。」
思ってもいなかったものを褒められてびっくりした。
「す、素敵ですか。」
2003年のタイガース優勝のリコーの限定品なので、かなり旧式で安く買ったものなので、決して褒められるデジカメではないのですが、ここはプレミアムクラス、そこはスチュワーデスさんも褒めてくれるのであります。
タイガースのマーク入りと言っても、凡は野球を全く見ない。
ただ安かったし、変わっているから買っただけなのです。
でも、このデジカメは凡のお気に入りなのであります。
裏に笑うぐらい小さな液晶画面があるのですが、加えてファインダーも付いています。
凡はどうも未だに液晶画面を見ながら写真を撮るのに慣れないのです。
ファインダーを覗いて集中して、脇を締めて、そして息を詰めてカシャっとシャッターを押さなきゃ写真を撮った気にならない。
カメラも凡も旧式なのであります。
そんな特別な待遇を受けながら、鹿児島空港を飛び立った。
窓からはさっきまでいた桜島が見える。
水平飛行に入ると、早速機内サービスが始まる。
何しろ鹿児島と伊丹なので、時間がありません。
まず、お味噌汁が運ばれました。
少し気流が悪いのか、味噌汁の器がガタガタと移動するのを両手で押さえて、笑顔になりました。
こんなことも飛行機に乗らなきゃ味わえません。
そして、お弁当が配られます。
蓋を開けると、小さなお弁当箱に、いろんなおかずがギューっと詰め込まれています。
これは、「お酒を飲んで下さい。」って言っているようです。

画像

お弁当の中には、お品書きが入っていました。
これは嬉しいですね。
まず、お品書きを手に取り、一つひとつを小さな声で読み上げます。
「さつま揚げ、鶏つくね、、、、。」
嬉しくて嬉しくて、起立して大きな声で読み上げたいところですが、それでは変な人になってしまう。
変な人にはスチュワーデスさんも優しくしてくれないだろう。
スチュワーデスさんに優しくしてもらえないのだったら、プレミアムクラスの意味が無くなってしまうというものだ。
ここは絶対に小声でなくてはいけません。

画像
画像

すぐにスチュワーデスさんが、飲み物の注文を聞きに回ってきた。
当初の予定のサントリーのプレミアムビールと行くべきなのだけれど、シャンパンがあることが判り、シャンパンに変更する。
「シャンパーニュ・ニコラ・フィアット・ブリュット・レゼルブ・パルティキュリエールN.V.」
何ともすごい名前のシャンパンですが、シャンパンなんて飲み物は、これぐらい複雑な名前の方がいい。

画像

しかし、シャンパンが1種類でよかった。
2種類あったら、この名前をスチュワーデスさんに言わなきゃいけない。
絶対、何度も噛んでしまうだろう。
座席の前のポケットには飲み物のメニューがあって、飲み物はかなり充実しています。
シャンパン、ワイン、吟醸酒、ビールなどなど。
メニューを見ているだけで幸せな気分にひたれます。
この機内食は、料金を払えばエコノミークラスでも食べられるそうです。
その時の値段は、お弁当1800円、シャンパン1200円。
シャンパンを1本飲むと、スチュワーデスさんが、また声を掛けてくれる。
「お飲み物のお変わりは如何ですか。」
「もう1本お願いします。」
シャンパンの値段を見て、2本目もシャンパンを注文。
これもいい気分で飲んでしまった。
するとまたスチュワーデスさんが声を掛けてくれる。
「お飲み物のお変わりは如何ですか。」
「じゃ、またシャンパンを。」
エクセレント!
アシアナのビジネスクラスの往路ではアルコールさえでなかったが、ANAのプレミアムクラスでは、シャンパンのお変わりを、それも素晴らしい笑顔で持って来てくれる。
これは値打ちがありますね。
わざわざプレミアムにする値打ちがある。
満足だ。
完全に満足した。
でも、最後に何か注文しようかなとメニューを見ていると、ミニボンのストップが掛かった。
「もう、ええ加減にしとき。これ以上飲んだら家に帰ってからビール飲んだらあかんで。
家でビール飲まへんのやったら注文し。」
そう言えばそうですよね。
ちょっと欲張り過ぎですね。
お弁当にシャンパン3本。
これで元取れたかななんて考えてしまうのが、貧乏人であります。
食事を終えたら、もう着陸態勢に入ります。
それにしても、プレミアムクラスは本当にエクセレント!なのでありました。

コメント

  1. とっちゃん より:

    素晴らしい
    実に素晴らしい
    さすがANAのプレミアムクラス!
    まさにプレミアムと呼ぶにふさわしいおもてなしですね~
    玉手箱のようなお弁当にシャンパンと実に優雅な気分になりますよね!
    自分もいつかは乗ってみたいです!

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、とっちゃん。
    そうなんですよ。思ったより以上にプレミアムクラスは良かったです。
    それが、早割の場合は、大分差があるのですが、直前の運賃だと、普通席とプレミアムは2000円しか違わないんです。
    それにプレミアムも早く申し込むと安くなるようです。
    絶対に、これはお勧めですよ。
    私も、また乗りたいです。

  3. とっちゃん より:

    凡蔵さん、JALのクラスJよりも絶対にプレミアムクラスの方が良い感じですね!
    ナイスな情報ありがとうございました

  4. oriver より:

    快適な空の旅で締めくくれて良かったですね。
    タイガース優勝のデジカメは、欲しい人いっぱいいるのでは無いですかぁ。
    会社の専務はタイガースファン♪
    限定のゴルフクラブを買ってたっけ(*^_^*)
    豪華な旅は最後まで豪華でしたねぇ。
    で、ミニボンさんの「やめとき」もいい締めにないましたね(*^_^*)

  5. 凡蔵。 より:

    ありがとう、とっちゃん。
    JALのクラスJは、乗ったことがないのですが、ホームページで見る限りANAの方が値打ちがありそうです。
    アルコールもちゃんと選べていくらでも飲めるしね。
    少しクラスJよりも高いですが、折角の旅行だし、その分満足できると今回思いました。

  6. 凡蔵。 より:

    ありがとう、oriverさん。
    飛行機という乗り物は、ただ単に乗るだけで昂奮するものですね。
    しかも、プレミアムなんでマックス昂奮であります。
    タイガースのデジカメは、値段が安かったから買ったのですが、今となっては恥ずかしいような旧式です。
    さすがのタイガースファンでも、いらないと思う。
    でも、ある程度には写るんで使っています。
    あと2年したら、10年前の骨董品であります。

  7. ちょっと遅めの夏休み 1 ・ 広島へ

    ちょっと遅めの夏休みをいただきました

タイトルとURLをコピーしました