平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。
日々のブログは、この下にありますので、こちらも見てくださいね。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

そうだ、ソウルへ行こう!(72)

ソウルのエコの精神は素晴らしいと思う。
皆が地球環境について考える事はこれからの地球において不可欠だ。
しかし、本当に考えるという事が出来ているかどうかも考えなくちゃいけないような気がする。
エコの話で話題とされるものに割り箸がある。
森林伐採の原因だと非難する人が「マイ箸」を持ち歩いているのを見かける。
また、マイ箸を持っている人を中性洗剤で毎日箸を洗ってるのは水を汚していると非難する。
もちろん、森林伐採をしているだろうし、中性洗剤で水を汚しているだろう。
しかし、凡が言いたいのは、それを主張している人がちゃんと現状を調べたのかなと言う事なのです。
調べるにしても、それぞれの団体でいいように解釈しているので判断に困る。
日本政府は間伐材を使用しているので森林破壊につながらないとしているし、民間の団体では中国で森林伐採をしているとしている。また、最近は中国も規制が厳しくなりロシアから輸入しているということも言われている。
これら情報を正確な数字で比較して私はこうだと主張するならいいのだけれど、何となく雑誌の特集などを見てやっているのは、なんとも中途半端な気がする。
しかも、そういう人たちは、その主張を実践している事を得意げに披露しているようにも見えて気持ちが悪い。
どうせマイ箸を持つなら、「合コンに行ったときに、女の子にアピールするために持ってるんや。」というぐらいが丁度
いい。
あまり深く考えずに暮らすのが丁度いい。
もともと人間は色んな害を撒き散らさないと生きられないのじゃないだろうか。
問題はその頻度や量かもしれない。
料理をしてお皿を洗わないでは済まないし、トイレに行っても手は洗わなきゃ済まないし、
凡の周りを見渡してもプラスティックや金属、その他ほとんどの物が量はともかく少しでも環境を破壊して作られたものだ。
凡に出来る事は、これからの人のために少しでも環境を維持するように頻度や量を調節することと新しいテクノロジーの開発を期待するだけだ。
でも、エコを実践している人は素晴らしいと思う。
そこで、凡が実践しているエコがあります。
ご飯を残さず全部食べる事であります。
「お腹いっぱいだから食べれない。」なんて言ってはいけません。
おかずだけでなくラーメンなどはスープも残さず飲み干すのであります。
「塩分が気になるなあ。カロリーも多いしな。」なんて言ってはいけません。
そして、ビールを残さず飲み干す事であります。
「肝臓に負担をかけるな。」なんて言ってはいけません。
これはエコの為にやっているんですからね。
そうだ、ソウルでも残さず何でも食べまくるぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました