平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
もちろん、無料ですよ。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(1352)広島へ行って、呉、岩国の旅。(3)

旅(国内)

8月23日(火曜日)。

ミニボンと広島に来ております。

いつもなら、朝食のバイキングも、朝一に起きて食べに行くのだが、別に予定のあるでもなし、ゆっくりと会場へ向かうことにした。

レストランは、ホテルの上層階にあって、360度の全面ガラス張りなので、景色は素晴らしい。

高所恐怖症の凡でありますが、勿論、席は窓から離れた場所に確保したけれども、その場所からでも、十分に楽しめるものがある。

朝食の内容は、広島のお好み焼きなどもあったけれども、これといった特徴はない。

とはいうものの、ホテルで食べる朝食は、やっぱり非日常を感じられて楽しいものであります。

変わっているのは、どこにでもあるデザートは無く、ただチチヤスのヨーグルトが置いてあった。

カレーもあって、凡がおかずを取っているときに見たら、もう量が残っていなさそうだったので、別に今更カレーも要らないかと思っていたら、2回目を取りに行った時に、そのカレーが補充されていたので、結構、沢山貰ってしまった。

だって、牡蠣カレーだったんだもん。

結構、ゴロゴロと入ってたので、これは嬉しいね。

朝食後は、ホテルの周りを少し歩いてみる。

海のすぐ横なので、気持ちが良い。

ただ、ものすごく大量のフナ虫が、うじゃうじゃと歩道にいるので、散歩で記憶に残っているのは、フナ虫である。

さて、ホテルの無料送迎バスで、広島駅まででて、荷物を預ける。

んでもって、観光案内所を覗いてみたら、ミニボンが案内所のお姉さんに岩国のパンフレットを見せられている。

まあ、岩国も近いからね。

それで、もう岩国に行くつもりになっているので、まあ反対せずに行くことにした。

JRで、広島を出て、岩国駅まで移動。

岩国に行ったら、いつも入ってしまうラーメン屋がある。

ミニボンにも食べたいとお願いしていたのですが、行ってみると休みだった。

残念。

んでもって、路線バスで錦帯橋まで移動。

錦帯橋を渡ったら、瓦そばと書かれたお店があったので、時分時なので入ることにした。

観光客相手のお店なのだろうか、割とお客さんも入って来る。

たぶん、初めての瓦そばだろうと思う。

瓦に乗った冷たいそばなのかなと思っていたら、熱々に焼いた瓦の上に、茶そばと薄い肉、錦糸卵が乗っていて、それをツユにつけて頂くようである。

ミニボンが、「逃げ恥」というテレビドラマの中で、瓦そばが話題に出て来たそうで、その話をしてくれたが、そんなシーンがあったっけ。

最後の方は、瓦で焼けてバリバリになった茶そばも味が変わって楽しかったです。

凡は、それに加えて山口の名物岩国すしも頂く。

これはまあ、ごく普通。

さて、まだ錦帯橋を渡ったばかりで、瓦そばを食べたばかりなのでありますが、ソフトクリームのお店があるので、それも頂いて、岩国城へ向かう。

短いロープウエイに乗って、山の上まで移動して、そこから歩いて城に移動した。

低い山だけれど、さっきより、少しだけ涼しいような気がした。

んでもって、岩国城を見学して、凡にしてみれば、珍しく天守閣まで登ったが、それでもやっぱり怖いので、景色を見る間もなく、1秒で、ミニボンを残して階段を下りた。

んでもって、またロープウエイで下まで来て、白山比咩神社にお参りをして、さっきのソフトクリーム屋で、かき氷を頂いて、往路の逆で、バスで岩国駅まで戻った。

んでもって、JRで広島まで戻る。

さて、これから帰路の新幹線までの時間、ミニボンが行く前から食べたがっていた広島風お好み焼きを食べて帰ろうと思う。

ただ、この広島風という表現は、広島ではしてはいけない。

広島の人は、広島風が、普通のお好み焼きだと思っているからね。

駅ビルのミニボンが前に行ったことのあるお店は、長蛇の列だったので、その近くの福ちゃんというお店に入る。

冷しトマトで生ビールを頂きながらお好み焼きを待つ。

見ていると、入って来る人に、店員は、30分は掛かるという話をすると、ほとんどの人が帰っていく。

それを見ていて、あれじゃ断っているのと同じだとミニボンが、しきりに凡に言うのだが、まあ、焼けるのに時間が掛かるからね。

客も新幹線の時間があるから、そう答えてるのだろう。

ということで、広島風お好み焼きも頂きまして、これでミニボンの目的も達成しました。

これからは、帰路の新幹線なのだが、一応、駅弁的なものも買っておこう。

ということで、神保というお店のまかない弁当を購入。

これは、具も多くて楽しいお弁当でした。

ということで、新幹線のぞみで、広島から新大阪まで帰って来て、大阪、京橋、門真市と移動して家にたどり着きました。

今回は、ホテルとJRのパッケージの旅でしたが、楽しく終わることができました。

また、最後まで、お付き合いくださいまして、ありがとうございます。

帰ってから、何が良かったかと聞いたら、メキシコ料理の店が印象に残っているとミニボンが言った。

最後に、広島のお土産をご紹介。

洋酒ケーキ。これ、めちゃくちゃ、美味しいです。

凡も、ミニボンも、大好きな味なんですよね。洋酒が、じっとりと沁み込んでいて、いやあ、また食べたいです。

コメント

  1. yukemuri より:

    錦帯橋行った事ないんです
    一度行きたいと思っています
    名物の瓦蕎麦は食べた事あるんですが、何とも言えない感じでした
    岩国寿司美味しそうですね
    旅はこのような名物を楽しめるのが良いですよね
    資料館や景色を楽しめるのはもちろん良いのですが、名物を楽しめるのも旅の醍醐味ですよね
    最後のお好み焼きも美味しそうです
    大阪のイカ焼きも好きですが、広島のお好み焼きも大好きです
    帰路の駅弁も旅ならではですね
    列車の旅ならではって感じで、ブログを拝見していると列車での旅がしたくなります

  2. tairabonzou tairabonzou より:

    ありがとう、yukemuriさん。
    錦帯橋は、見た目も綺麗だし、渡るのは楽しいです。
    でも、渡るのに料金がいるんですよ。
    お城とかもあるので、そういうのが好きな人は、楽しいかもです。
    瓦蕎麦は、yukemuriさん的には、微妙だったようですね。
    私は、変わってたので、面白かったです。
    逆に、岩国寿司は、ごく普通でしたよ。
    旅行に行くと、やっぱり名物の1つぐらいは食べてみたいですよね。
    お好み焼きに関しては、私も、両方とも好きだから、
    大阪でも、広島でも、比べる必要はないんですよね。
    やっぱり、ソースは、無敵ですよね。
    今回は、列車でも、新幹線だったので、ちょっとリッチな気分の旅になりました。

タイトルとURLをコピーしました