平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。
日々のブログは、この下にありますので、こちらも見てくださいね。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(697)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(245)

8月も終わりに近づいて、少しばかり、そわそわと落ち着かない。
みゆきさんに会える日が近づいてきているのを感じるからだ。
そして、11月に、昨年のコンサート一会のブルーレイとCDが発売される。
既に、アマゾンで予約をしてある。
これは、待ち遠しいのである。
何故かと言うと、昨年から今年に掛けて行われたコンサート一会のみゆきさんが、ビックリするほど美しかったからだ。
凡は、過去のブログで、みゆきさんを見ると言うことに於いて、コンサートより夜会の方が好きだと書いたかもしれない。
その理由は、夜会の方が、ストーリー仕立てなので、その場面に合わせて、みゆきさんが、いろいろな表情を見せてくれる。
その表情は、そりゃ勿論に演技だろう。
でも、凡はそんな演技の中に、普段の素のみゆきさんの表情を見つけたような気になるのだ。
凡は、何といっても、素のみゆきさんが好きなんだ。
だから、DVDでも、メイキングを見るのが好きだ。
なんてことを書いたかもしれない。
でも、昨年、コンサート一会を見て、考えが変わった。
ライカM4の可愛さ。
六花の可憐さ。
あれを見せられたら、もういけない。
あれ以来、凡は、コンサートの日々薄れゆく記憶を、必死のパッチで、繰り返し思い出している。
なので、今度、そのブルーレイが発売されると聞いて、もう今から、こころ落ち着かないのである。
そんなコンサート一会を見てからの凡は、夜会よりもコンサートの方が良いなと思うようになったのである。
とはいうものの、今年の11月から開催される夜会も、これは、何としても行かなければいけないものなのであり、こころから待ちわびているものなのであります。
だって、夜会のみゆきさんも、とびっきりに可愛いんだもの。
さて、そんな夜会のチケットも、今年は、東京にいる凡の弟にもファンクラブに入会してもらい、凡、ミニボン、弟の名前で申し込んだのであります。
そして、5日間を確保。
そんでもって、エピキュラスの抽選は、これまた落選。
この5日間については、1日、2日、2日なのだけれど、その2日の部分が、中1日空いているので、その1日を、これから埋めなきゃと考えているのでございます。
チケットに、結構なお金が掛かりそうだ。
でも、これは、やむを得ない。
「やむを得ないものは、即ち、仕方がない。」
これは、内田百閒さんの言葉だ。
それにしても、凡は、みゆきさんの事を、知らないんだなと思った。
それは、2つ前のブログで、みゆきさんの月イチのことに就いて書いた時だ。
うかれぶたさんが、コメントを書いてくださったのだけれど、そこに、みゆきさんは、中学時代は陸上部だったと書かれていたからだ。
これは、腰を抜かすほど、驚いた。
だって、今のみゆきさんから、想像できないものね。
走っているみゆきさん。
みゆきさんって、どんな人なんだろう。
あらためて知りたくなった。
みゆきさんを好きになった時は、どんな人なのか、他の人の文章などを読んで知ろうとした。
でも、それは過去のみゆきさんだ。
凡は、今のみゆきさんが好きなんだと思い直して、今はただ、みゆきさんを、そのまま感じるように、見ている。
なので、みゆきさんに就いて、何かの本を読んだりして知ろうとはしなかった。
でも、頂いたコメントの、陸上部という情報が、凡の想像の範囲を超えていたのか、また、みゆきさんに就いて知りたいと思うようになったのである。
どうにも、好きが止まらない。
それにしてもだ。
みゆきさんが、陸上部だなんて。
きっと、真面目に練習をするんだよ。
一旦、走り始めたら、自分自身との闘いだ。
もう息があがって苦しくても、まだ歯を食いしばって、走り続ける。
他の人は、「あー、もうダメだ。」なんて、途中でスピードを落として、リタイアしていく。
でも、みゆきさんだけは、前を向いて足を上げ続ける。
汗が、みゆきさんの額から首筋に流れ落ちる。
脚が思うように上がらない。
ああ、もう限界だ、止まろうと思った時に、声が聞こえた。
「みゆき先輩~。ガンバッテ~!」
みゆきさんの走りを憧れの目でもって見ていたマネージャーが叫ぶ。
すると、もう少し頑張れる気がした。
苦しい脚で、地面を蹴った。
「凡子、ありがとう。」
って、何故か、凡は、陸上部のマネージャーである。
そんでもって、何故か後輩。
妄想では、それもありだ。
「みゆき先輩、はい、どうぞ。」
冷たい麦茶を差し出す。
って、まだ妄想は続いているのか。
「ありがとう、凡子ちゃん。」
みゆきさんが、明るく言う。
そして、凡子の差し出したタオルで、額の汗を拭う。
そんでもって、ついでに、手や脚の汗も拭う。
そんでもって、ついでに、体操着の中にタオルを入れて、胸や腹の汗を拭う。
ドキリ。
いや、この場合、凡子は、女の子であるからして、そんな、みゆきさんがタオルで胸を拭いたことでドキリなんてことは、これはちょっと、問題である。
というよりも、みゆきさんは、そんなハシタナイことは、断じてしない。
なので、汗でグショグショになった、胸や腹は、気持ち悪いけれど、拭くのを我慢して、凡子の作った麦茶を、美味しそうに飲むね。
「みゆき先輩って、好きな人いるんですか。」
「いないよ。」
「ホントですか。」
「どうして、そんなこと聞くの。」
「いえ、何でもないんです。」
「変なの。」
そっと、みゆきさんの肩に頭を預ける凡子。
その凡子の肩に、みゆきさんが、そっと腕を回す。
部活が終わって、空が夕日に染まる。
って、そんなんじゃ、何か変な関係になってしまう。
みゆきさんの、中学時代の、そして陸上部だった時の、写真を見てみたいものである。
きっと、どうしようもなく可愛くて、美しいと思う。
ただ、そんな過去なんて、追うべきではない。
とはいうものの、そんなビックリの中学時代の話を聞いたら、それを知りたくなっても、これは、仕方がないことだろう。
ただ、11月から、夜会が始まる。
みゆきさんの過去を追うことは、まあ、凡が死ぬ間際のお楽しみに置いておいて、今は、今のみゆきさんを求めることとするべきである。
それにしても、今年もみゆきさんを、見ることができるのだと思うと、やっぱり、そわそわと落ち着かない。
その前に、10月末には、今度、発売されるコンサート一会の発売記念の映画が上映される。
勿論、抽選に応募するのだけれど、どうか当たりますように。
それにしても、また、あのライカM4と六花を見ることができるかと思うと、今から気付け薬を買っておくべきだろう。
もう、ノックアウト確実なのでありますから。

画像

=========================================
平 凡蔵。へのファンレターや
       お褒めの言葉は
sansanpopo@tairabonzou.jp
=========================================

コメント

  1. うかれぶた より:

    ごきげんよう♪凡さん♪
    もう、秋がやってくるんですね~\(^^)/
    毎朝、みゆきさん♪を聴いて(特に、ライカM4はリピートです)出発する日々ですが、1年たっても 何年たっても 色褪せるどころか、益々 輝きを増す みゆきさんの唄や声、全てですね!
    それに毎年の新曲も楽しみだったのですが…
    今年のアルバムは、アレンジ?だけなのでしょうか?ちょっと寂しい気もするのは 私だけ?
    でも、発売には 変わりないですもんね~♪
    さすがです、みゆきさん♪
    「ランナーズハイ♪」で ありつづけてほしいです!やっぱり、陸上部根性を感じます(^-^)b
    私は、体操クラブの方が 驚きました!!が、ナイスプロポーションの みゆきさんなら 納得がいきます。夜会や唄う仕草にも、その優雅さが生きてし♪
    それに、学園祭の演劇班に、 みゆきさん自ら志願して入って、自前の白衣でナース役を演じたんですって!! その頃から、お家の婦人科のナースでしたものね~♪
    私の一回 なんちゃってナースなんかとは、大違いの白衣の天使\(^^)/
    だったでしょう!!
    や、今でも その天使が みゆきさんに なって生きてると思います♪
    こんな情報も、調べる訳ではなく、テレパスによって、お~い!私はここにいるょ~♪ なんて風に 振り向いた雑誌に乗ってたり…
    するだけなんです。
    葉書も、相変わらず 一枚入魂を死守してます♪
    つーか、一枚しか 思い付かない(^o^)/
    凡さんとの 連名も 夢見続けてますよ~(^_^)/

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    うかれぶたさんも、そう思いますかあ~~~、ライカM。
    可愛いですよね。
    それに、曲調も、ウキウキするようなリズムで、というか、音楽の知識が無いので、上手くは書けませんが、兎に角、良いですよね。
    そんでもって、今年のCDは、そういえば、新曲じゃないですね。
    うかれぶたさんに指摘されると、急に寂しくなってきたな。
    でも、まあ、みゆきさんが、みゆきさんのペースでやれば、凡もそれで納得なのではあります。
    忘れたころに、新曲発売なんてこともあるかもですよ。
    それにしても、いつも秋の終わりごろにCDとか発売されますが、あれは、何か意味があるのかなと、これもまた、音楽初心者は思ってしまいます。
    っていうか、そんなことを話している場合では、ありませんことよ。
    ビックリ仰天な凡なのでありますよ。
    またもや、うかれぶたさんから、新情報ですもん。
    みゆきさんが、体操クラブ???
    それは、この前の陸上部の情報を、はるかに上回る、ビックリ仰天ですよ。
    兎に角、想像するに、可愛いのは、これは間違いがないのですけれど、そんなの、想像しただけで、凡の胸がキュンとなっちゃいます。

  3. 凡蔵。 より:

    (続きです。)
    そんでもって、凡の胸キュンは、それだけじゃない。
    学園祭で志願したナース役。
    もう、ダメ。
    それは、ダメ。
    そんな、情報が、調べる訳でもなく、テレパスで入ってくるとは、それは、きっと、みゆきさんと波動があっている証拠ですよ。
    私も、その波動に、シンクロしたいなあ。
    あ、そうそう。
    言い忘れましたが、うかれぶさんのナース役も、きっと、キマッテいたと思いますよ。
    見てないけれどね。
    きっと、みゆきさんと、同じぐらいの可愛さだったんじゃないかな。
    演劇の役つながりで言うと、私も映画のエキストラを大阪で募集してたので、応募したのですが、日にちが合わずに、出演できませんでした。
    まあ、あがり症なので、エキストラでも、使ってもらえなかったでしょうけれどね。
    それから、ハガキは、私も、毎回書いていますが、一向に読まれる気配なしです。
    そうそう、あの、うかれぶさんとの、ダブルみゆきさんに読まれは、楽しかったですね。
    また、何か考えましょう。
    みゆきさんに名前を読んでもらって、笑ってもらいですよね。

  4. うかれぶた より:

    こ~んばんにゃ(^o^)/
    凡さん♪
    ニューアルバムの季節♪
    私は、ほぼみゆきさんしか買わないから、みゆきさんのペースが 11月位なのだと思ってました!
    この世も、みゆきさんのペースに揃えてる アーティストさんたちが 多いとは 感じてましたが(^^)
    みゆきさんを 可愛いと愛でる 凡さんに、、
    うかれナースの可愛さ予想をされるのは、、
    嬉しいです♪
    確かに、居並ぶ本物ナースさん達を よそに、本物患者さんから 声をかけられたのですものね、可愛いに決まってます♪
    一番暇そうに 見えただけやないかい!!
    と、つっこみが 聞こえますが (_´Д`)ノ~~
    さて、今月も、オールナイトは もうすぐですね♪
    相変わらず、ネガティブ事件ばかりの私なので、、
    必然と、川柳になってしまいます(ノ-_-)ノ
    凡さんと、
    ネガティブ シンクロ事件 !
    なんて、、起きたら?
    みゆきさん、並べて びっくりするでせうね(^-^)b
    これこそ テレパスが必要な 難問ですが。。。
    ぁははは~( ´∀`)/~~

  5. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    うかれナースさんは、それは可愛いに決まってますよ。
    見てないですけれどね。
    想像というか妄想でね、何となく目を閉じたらボンヤリと見える訳。
    そして、にっこりと笑っている訳。
    そんでもって、ついでに、こっちこっちと手招きしてるわけ。
    目の前には、三途の川がある訳。
    って、怖いよー。
    でも、そんな怖い妄想の中のうかれナースさんも可愛かったですよ。
    うかれナースさんが、偽物ナースだったら、私は、偽物先生?
    だったら、みゆきさんは、偽物患者。
    「はい、みゆきさん。胸の音聴いてみましょうね。ハイ、上の服をめくりあげてくださいね。」なんてね。
    あ、いや、イケマセン、イケマセン。
    夜中にコメントを書いていると、寂しさで、妄想が変な方向に行っちゃいます。
    でも、うかれナースさんは、偽物でも、きっと患者さんの気持ちをつかんで、癒しのテレパスを送るはずですよ。
    そんでもって、きっと「最後の女神」と患者さんに呼ばれるに違いないです。
    それから、今月のネガティブ川柳は、まだ何も思いつきませんよ。
    頭の中、真っ白。
    本人は、こんなにネガティブなのに、そのネガティブが思いつかない。
    でも、参加することが大事なんで、ネガティブじゃないネガティブでも書いて送ろうかな。
    でも、うかれぶたさんとも、ネガティブのシンクロしたいので、うかれぶたさんに精神集中ですよ。
    そんなことを考えたら、急にハガキ書くのが楽しみになってきました。
    うーん。でも思いつかないよー。

タイトルとURLをコピーしました