平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
もちろん、無料ですよ。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(453)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(141)

10月19日の深夜3時。
みゆきさんの美しい声がイヤホンから聴こえた。
そう、「中島みゆきさんのオールナイトニッポン月イチ」の日だった。
久しぶりに聞くみゆきさんの声は、どうにも優しくて、優しくて。
そんでもって、またもやミニボンのネガティブ川柳が読まれちゃったのね。
まあ、本人もわざわざネガティブ川柳用のノートに毎日思いついた川柳を書き止めたりして喜んでるようなので、まあ、そのことは置いておこう。
そんでもって、まやもや凡は読まれなかった。
前回に読まれた興奮が忘れられないので、やっぱり読まれなかったら寂しいものでありますが、まあそれも仕方がない。
みゆきさんを好きな人いっぱいいるものね。
そして今回の放送で気になったこと。
何人かのハガキに、「みゆきさん、頑張ってって言ってください。」的なコメントが書かれていて、みゆきさんがそれに答えて、「がんばれ~。」なんて言ってたこと。
そこで凡は言いたい。
「みゆきさん。そんな簡単に頑張ってって人にいっちゃだめだ。」
それって、半強制で言わされてるじゃない。
そこにみゆきさんの意志はあるかもしれないけれど、そんなにはないはずだよ。
言わせるリスナーもそうだよ。
そんな半強制で言ってもらった「頑張って。」なんて嬉しいかい。
どうなんだい。
そうだろう、嬉しいかもしれない。
多分、嬉しいだろう。
うん、嬉しいに違いない。
凡だって、嬉しいだろう。
間違いなく嬉しい。
そんでもって、そのみゆきさんの「頑張って。」だけを携帯とかに入れて、毎日聞くだろう。
だって、みゆきさんの声なんだものね。
でも、どこかに頑張れなんて言って欲しくない凡がいる。
頑張っても、頑張らなくても、今の凡が、そう凡。
そんな心が折れそうな時、頑張ってって言って欲しい時、岡本太郎さんの言葉が、凡の背中を押してくれる。
最近、好きなった遠藤賢司さんの「不滅の男」が、うな垂れた頭を上げさせてくれる。
♪「頑張れよ」なんて、言うんじゃないよ。俺はいつでも最高なのさ。♪
ただ、もし凡が頑張ってなんて言われたら、それはもう言ってくれた人を抱きしめて、ありがとう!って泣いてしまうだろう。
言葉なんてどうでもいい。
その人の、気持ちだけは受け取りますよ。
ただ、凡に頑張れって言ってくれる人がいないだけ。
って、寂しい話になっちゃった。
でも、もしみゆきさんに何か言葉を掛けてもらえるとしたら、何て言って欲しいだろう。
みんなは、どんな言葉を掛けて欲しいですか。
凡は、そうだなあ。
「好き。」とか「愛してる。」なんて言葉は、勿論聞きたいよ。
でも、そんな気持ちをみゆきさんが持ってくれるんだったら、言葉なんていらない。
その気持ちだけでいい。
凡はB型なので、「変わってるね。」なんてのも嬉しい。
でも、もっと言葉に愛情がこもっている感じ。
関西以外の人が聞いたら、どう聞こえるのかなと思うんだけれど、凡が言われたいとしたら。
「アホやなぁ。」だ。
ちょっと力が抜けた感じで、ため息のようで、それでいて愛というか優しさが込められていて、何かあったらあたしが傍にいるから好きにしたらいいじゃないというような包み込むような、そんな「アホやなぁ。」
ただ、この言葉を言ってもらうには、本当にアホではダメなんだ。
アホにアホって言っても、仕方がない。
ただ、言われたら凡は正解だから悲しいだけだ。
この「あほやなぁ。」を言ってもらうには、何か一途なものを持ってなきゃいけない。
じゃ、凡は一途なものを持っているのか。
それは解らない。
でも、みゆきさんを思う気持ちだけは、一途だ。
「みゆきさんが好きです。」
「凡ちゃんって、ホントにアホやなぁ。」
そう言ってもらえるように、ならなきゃね。
それから、ラジオを聴いていて気になったこと。
ラジコを紹介したときに「ヨダレでちゃった。」って言ったこと。
よく思い出してみると、みゆきさんは、「よだれ」が好きだなあ。
今回も言ったけど、以前の放送でも、ヨダレが出たって言ったり、「ずずずっ。」っとヨダレをすする音をさせたり。
結構、ヨダレ関係の話をしているような気がする。
でも、みゆきさんのヨダレは、きっとキラキラと輝いていると思うね。
ダイヤモンドのようにね。
ペンダントにして持ち歩きたいよ。
そんでもって、疲れた時や、へこたれた時に、見る訳ね、みゆきさんのヨダレを。
あれ?
それって正常かな。
まあ、たぶん正常だろう。
それから、それから、北海道では赤飯は甘いってこと。
これは、こんど行く機会があればスーパーで買って食べてみるか。
そんでもって、そんでもって、最後の方に、トニーベネットさんとレティガガさんのデュエット「Anything goes」がかかったこと。
学生時代はミュージカル映画好きだったから、懐かしいかったね。
ガガさんは、好きなんだよね。
というか、ほとんど知らないんだけれど、プロモーションビデオなんかをレコード屋の店頭で聴いたり、テレビで紹介されたのを聞く程度だから、まったく知らないと言う方が正解か。
でも、個性を前面に出しているでしょ。
そういう人好きなんだ。
凡は出来ないから、好きになるのかもしれなけれど、
でも、今回、昔のナンバーを歌ってるのを聴いたけれど、上手いなあ。
あらためて好きになったね。
とはいうものの、みゆきさんを好きだって言うのとは、ちょっと違うんだけれどね。
みゆきさんは、無条件で好き。
ということで、次回の放送は11月の2日だって。
ハガキ急いで書かなくちゃね。

コメント

  1. 北のトド より:

    ミニボンさんネガティブ川柳またまた採用おめでとうございます。真っ先にお名前が読み上げられたので、実況でしっかり確認しました。みゆきさんもコメント控えるしかなっかったようで。 
    凡さんの処女作「悩み多きブッダたち」半分程度読み終わったところです。焼き肉屋の「牛さん、ありがとう」のあたり。一種の哲学小説というか、思惟的小説というか。簡単に読み飛ばせない内容。端末操作に慣れないため、ページめくったはずが、前に戻って堂々巡りしていたりして時間がかかっています。これからどういう展開をみせるのかじっくり読ませていただきます。感想はもうしばらく待って下さい。

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、北のトドさん。
    どうして奥さんのネガティブ川柳が読まれるんでしょうね。
    そして、いつも最初の方に読まれる。
    何故かファンでもないのに、ネガティブ川柳ノートまで作って、毎日書き溜めては送っているようなんです。
    今回も、他にも出したのに1番気に入っていないのが読まれたなんて、チョー贅沢なことを言っております。
    読まれるだけでも幸せなのに、、、。
    でも、どうして奥さんがハガキ出すのかも不思議だし、どうして選ばれるのかも不思議です。
    ところで、処女作って言うほどのものでもないのですが、兎に角、読んで頂いて、ありがとうございます。
    ただ、ただ、うれしいです。
    内容は、本当に稚拙でありますが、どうせ私自身がそんな立派なものじゃないので、
    ケナサレテ当たり前。
    それを気にしているよりも、おおらかにアマゾンにアップした方が楽しいですもんね。
    ただ、ちょっとでも笑っていただければ、うれしいなと思っています。
    それから、それから、第2弾も考えているんですよ。
    無謀にも。

  3. うかれぶた より:

    実は今、一枚の葉書を仕上げた所です(^o^)/
    まさかの2日ではあるまいかとのテレパスが的中したので、、急いだ休日。
    たったんさん♪おめでたい!!
    私の夢にも出て、
    本名「たつ子」「たつえ」さんとか?って聞いたら、、あぁ~それで!っていう絶妙な答えを聞いたんです!
    忘れたんですけど…
    んで、私が思ったのは、、先頭に連続して読まれた時、、まずタッタンさんを一番に初段進級させる戦術!?そんでもって、みゆきさんのオールナイトを閉める!?
    だめょ~!だめだめっ!!みゆきさんは 永久に 電波の微粒子で届いてくれなくちゃ(ノ≧∇≦)ノ
    それに、凡さんとの幸せ川柳になってるから、だめょ~だめだめ♪あてられちゃう♪
    で、「金時甘赤飯」(^^)
    まさに私が長年 賛同を求めて各地の人に聞きまくってたものです♪
    話の展開から、偶然、いや必然に みゆきさんと シンクロ♪な私、感激!
    (*^o^)/\(^-^*)
    つづく…

  4. うかれぶた より:

    実家では、小豆の普通の。金時、いんげん豆、うずら豆、餅米など田畑で作ってるのにです!
    天神祭で年何回か、隣組のおばさんちの当番の時は、その絶妙なる♪甘い赤飯♪を、重箱でお裾分けに貰うのです♪子供心に、それが楽しみで楽しみで。
    でも、ご飯に煮豆は気持ち悪い私が、この赤飯にすると別物に旨い♪のです!
    言葉にできないょね~♪
    と、みゆきさんと(^^)d
    何故か、母に、この金時豆をさ~おこわに入れてょ~。と頼んでも、、ガンとして塩小豆派( 」´0`)」
    うちの当番の時、絶対、隣にがっかりされてるょ~と思いつつ。。
    今月のお題コーナー。
    初めて書いたコーナーですが。。
    「挟まれました!!」
    ここに、例の奴を書きなょ( ̄▽ ̄)b
    と、、もはや、みゆきさんが 囁いてくれたんでしょう♪これは(^-^)/ あの、どこのコーナーに書いたらいぃの?って言ってたあれ(^^)d
    な~んて意気込んで、無視されたら、忘れてちょ(^^

  5. うかれぶた より:

    私も、
    「漫画みたいな人だね~♪」と、よく言われるのが、自分のどこが 漫画なのか?理解してないのだけれども、、
    何となく、そう言われる自分も わるくはない気がしています(^^ゞ
    みゆきさんにも、言われたいな(^^)/
    KinKiの光一くんや、、
    ダウンタウンの浜田さんに、、
    「アホやなぁ♪」
    言われたら…
    もう、ニヤケちゃうと思います。(*´∇`*)
    ガガさま♪
    も、歌はよくわからないのですが、、
    アートしてる 風貌が好き、羨ましい(*´∇`*)
    東京に居た頃は、新宿や原宿を普通ではないファッションで歩くのが、ステイタス♪でした。
    洋服を縫ってた時からね、(指も、縫ってたけどね…)
    ど田舎じゃできないけど…東京なら、できるのょね~自由な自分を表現\(^^)/
    今だに ガガさまのように原宿を歩きたいと思っていますもの♪
    ♪若く~ なくなった私達も、、(私は、か?)
    奇抜な格好で 歩きたい
    (*^-‘)b

  6. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    さすが、早いですねハガキ。
    でも、今回は2日ですもんね、私も急がなきゃ。
    内容は不出来でも、出すことが重要です。
    それにしても、奥さんは、今回も私より早くハガキを書いたようです。
    残念ながら本名は、「たつ子」でも「たつえ」でもないんですよ。
    でも、うかれぶたさんの夢に出て来るとは、どうなってるの。
    まあ、それは置いといて。
    今回は、ネガティブ川柳も書くつもりだけれど、「泣いてもいいんだよ」のコーナーにかいてみようかな。
    でも、結構皆長い文章書いてるようだけれど、小さな字で書いても、みゆきさん読めるのかな。
    今までは、出来るだけ大きめの字で書いてたんだけれど、それだと長い話は書ききれないよね。
    甘い赤飯は、どうなんだろう。
    関西では桜餅はコメのつぶつぶの残った道明寺という生地で餡を包むんですよ。
    そんでもって、私は桜餅が好きなんですよね、あのつぶつぶの生地が。
    とういうことは、甘い赤飯も食べれば美味しいと思うのかも。
    でもでも、うかれぶたさんは、最近みゆきさんと色んなところでシンクロしてますもんね。
    時には無理やりなシンクロですけどね。
    でも、その無理やりな気持ちは、これまたシンクロしてみゆきさんに波動が伝わる筈ですよ。
    そんでもって、うかれぶたさんが、原宿を普通ではないファッションで歩くなんて、すごいじゃないですか。
    どんな普通じゃないのか見てみたいですよ。
    ヘビメタ系?
    乙女チック系?
    原色ハデハデ系?
    どんな格好なんだろう。

    も、きっとカッコイイ姿じゃないですか。
    まさか怪奇現象系?

タイトルとURLをコピーしました