平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。
日々のブログは、この下にありますので、こちらも見てくださいね。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(439)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(134)

7月20日、待ちに待った、みゆきさんのオールナイトニッポン月イチの日。
凡にとっては、珍しく日曜日がお休みだったので、早めに寝て3時前にはバッチリラジオのイヤホンを装着して待機していた。
今回は、ネガティブ川柳も書いたし、大きな団扇にリクエストも書いた。
期待を胸にじっと聞いていたのですが、、、、読まれなかった。
今回は、ミニボンも読まれなかったのね。
どうもやめて欲しいのですが、ミニボンは、最近は小さなノートを買って来て、毎日思いついたネガティブ川柳を書き止めているようなのであります。
そんでもって、今回も何やら10通近くハガキを送ったようで、別にファンでもないのだから、ハガキなんて送らなくてもいいと言っているのですが、出すのであります。
困ったものである。
ただ、今回は読まれなかったのですが、何故かそんなに悔しくはなかった。
「あ、今回も読まれなかったなあ。」
なんて、意外とサラリとしたものがあった。
というのが、今回のみゆきさんは、ハガキを読むときも、割と坦々と仕事をこなしているという感じだったから。
前回に読まれた時は嬉しかったんだよねえ。
みゆきさんが、「え、何これ。」みたいなハイテンションで喜んでくれた。
思えば、凡はみゆきさんが喜んでくれることをしたいんだよね。
日本中の誰もが面白くないなんて言っても、みゆきさんだけが面白いって笑ってくれたらそれでいい。
だから、ハガキに関しては、みゆきさんの手許にたどり着くまでに、放送局の壁があるからね、本当なら、みゆきさんが直に読んで選んでほしい。
そして、たとえ放送で読まれなくても、選ぶときに「クスッ。」とでも笑ってくれたらなあと切に願う。
特に今回の放送は、宿直室のスペシャル中継なんているのかなあって思っちゃうよ。
その為に、ネガティブ川柳の時間が、5分ぐらいしかなかったもの。
なんて書いていますが、それほどとらわれちゃいない。
まあ、こんな時もあるさ。
それで、今回の放送で気になったこと。
それは、最初の部分で、クーラーの話から、「夏になるほど、どスッピン。」とみゆきさんが言ったことだ。
いいなあ。
凡は、舞台のみゆきさんも絶品に可愛いと思うけど、素顔のみゆきさんが大好きだ。
なので、メイキングなどの映像に見入ったりしている。
スッピンの時の無防備な笑顔ほど癒されるものは無い。
ウットリと見ている。
こんな人が傍にいてくれたらなあと思う。
だから、なんだな、もしみゆきさんに出会うなら、夏がいいな。
暑いから汗だくだくでね。
一緒にガリガリ君なんか食べちゃったりする訳なのです。
そんな出会いを願っているのであります。
そんでもって、月曜日は祝日だったけれども仕事へそのまま行きまして。
夕方に、ミニボンからメールが入った。
「Hさんが、ネガティブ川柳読まれたよ。」と。
Hさんとは、ミニボンの仕事仲間というか仕事の友人で、先日ランチを一緒にしたときに、ミニボンが今、ネガティブ川柳に凝っているという話をしたらしいのです。
そしたら、「じゃ、私も書いてみような。」ということになって、本当にハガキを書いて送ったようです。
朝起きて、ユーチューブで、ミニボンが確認したら、読まれていた。
ミニボンの友人、10級。
なんでやねん。
その友人だって、別に書かなくていいやん。
そうじゃないですか。
みゆきさんのファンと言うより、宝塚のファンなんだし。
でも、誘われて書いた。
そんでもって、読まれた。
どうにも、悔しいじゃないですか。
とはいうものの、その人は、凡がみゆきさんが好きだという事を聞いて、景品か何かで当たったみゆきさんのテレホンカードをくれた人だから、
まあ、読まれても、それはそれで良かったと思えるのであります。
兎に角ですね、凡の周りでは、みゆきさんに関係ない人がネガティブ川柳のハガキを送るというケッタイナことが起きているのであります。
「はあ。」ため息。

コメント

  1. うかれぶた より:

    ごきげんよう♪凡さま♪
    今回も、一時間起きに目覚めた割には、、なんかなぁ~ で終わり。
    笑える話もなく、、
    ドッキリのくだりのせいか!?「にゃんこ」はコーナーさえないし!
    みゆきさん意外の人と、歌は、トイレや水飲みやでイヤホン外してるもんね~
    構成されてるから仕方ないけど、みゆきさんもお疲れ感?がでてたような?
    みゆきさんの明るい声と笑い、喜び♪驚き!絶叫!を聴きたい!ばかりに、、
    そして、パルピティション♪♪を共有したい♪
    薄暗い部屋が天国の雲上に変わるスパイラルの瞬間の為に、、
    こんな話♪こんな筆使い♪笑える漫画♪可愛い飾り♪近視でも ハッキリ読める文字♪くだらい文章の目一杯の構成♪、、
    これらを 何日も何回も ない頭で試行錯誤しつつ、一枚の、恋文を完成させる、うかれぶた であります。
    確かに、その想いの分以上に、答えてくれる みゆきさま♪
    つづく…

  2. うかれぶた より:

    確かに、、
    誰が ハガキを投稿しようが 自由です。
    読まれたら、友達と 茶飲み話にしようが、、
    自由です。
    でも、、
    みゆきさんのコメントを、もしくは笑いが、一言も 頂けなかったら、寂しくないかしら?
    ミニボンさんも、もしかしたら、みゆきさんに魅了されつつあるのかもしれないと思い、聴きいってますが、、二回とも、コメントがなく、微かな「ふっー(長音記号2)
    と 鼻息。
    ミニボンさんも、みゆきさんに ほんとに魅了された時には、素晴らしい反応が返ってくるような気がします♪
    凡さんも、情熱が確かに 貯金されてますよ♪
    みゆきさんを 笑かす為に、こぴっと♪
    がんばりましょうね♪
    φ(..)
    ど~ちゃら こ~ちゃら みゆき話を 話せるのは、ここだけです(^^)/
    そんな暇あったら、稼いだらどうなの? って。悲しい考えの人には言わせておけばいいわ。
    やっぱ、忌の際には、、
    みゆきさんの声を聴くと思う私(*^ー^)ノ♪

  3. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    「にゃんこ」は、きっとあれですよ。
    前みたいに、1月遅れで読んでくれるかもですよ。
    せっかく書いたんだものね。
    今は、ラジオ局の机の上で、静かに熟成中です。
    そういえば、最近お弁当のコーナーなんかもやらないですよね。
    たぶん、ネガティブ川柳とかに集中してるのかも。
    私も、駄文の中の駄文ですが、
    結構書くまでに悩んだりしてしまいます。
    でも、今回で気がつきました。
    やっぱり、みゆきさんが喜んでくれる内容にしようと。
    まあ、どんなのが喜んでくれるのかは、
    まだ解らないけれどね。
    喜んでくれるなら、文章でも絵でも、
    郵便屋さん困らせ隊でも、なんでもいい。
    そんでもって、
    来月も後半だから時間あるしね。
    来月は、うかれぶたさんと私とダブルで、
    みゆきさんの大笑いを聞きましょうね。

  4. うかれぶた より:

    ごきげんよう♪凡さま♪
    そうですょ!
    ダブルで!!
    2人で、みゆきさんを
    爆笑O(≧∇≦)O !!
    させましょうね♪
    私、もう8月の ハガキ 出しました~( ´∀`)/~~
    そう、8月にこその お話♪だから。
    それにね…
    8月は、スタッフさん達も、お盆休みとか とったりして…
    今から、纏めとこう!!
    とかゆー 算段で…
    油断できない 8月でありまする~(*^-‘)b

  5. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    エーッ。
    もうハガキ出したんですか。
    早いですねー。
    でも、そういえばお盆休み。
    これは、うっかりしていましたよ。
    私も、早めに書かなくちゃ。
    来月の目標は。
    うかれぶたさんと、ダブルで、みゆきさんの大笑い。
    そして、絶叫!
    そんでもって、もっと聞きたいのが、みゆきさんの
    「もう、凡ちゃんって、バカだなあ。」
    なんて、優しく言ってくれること。
    でも、まだ書くこと思いつかないよー。

タイトルとURLをコピーしました