散散歩歩。(288)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(54)

♪縁は不思議、それと知らぬ間に探し合う
縁は不思議、それと知りながら迷い合う♪(愛だけを残せより)
凡とみゆきさんは、果たして縁で結ばれるのでありましょうか。
去年の今頃は、みゆきさんのことなんか頭の片隅にもなかった。
これっぽっちもね。
でも、8月の終わりに、突然一目ぼれ状態に陥ってしまって、こうやってコンサートに繰り出すまでに変わってしまった。
そして、胸にはみゆきさんグッズの携帯ストラップ。
縁を表す赤い房がブランブランと揺れてかわいい。
そう、赤い房がね、ブランブランと、、、、、。
「あれー。赤い房の根元がほどけているー。」

画像

みゆきさんとの縁を表す赤い房が、ほどけているよ。
これってどうなの。
縁がほどけてしまったよ。
これはただの赤い房なんだけれど、そして、みゆきさんとは関係ないのは解っているのだけれど、少しさびしい。
なので、大阪のコンサートで、また買ってしまった。
何か、凡のこころが、みゆきさんに依存しちゃってますな。
そんなことがあったと思うと、やっぱり、みゆきさんが好きだということを公言しておくべきでありますね。
ミニボンの知り合いから、旦那がみゆきさんが好きだというのを聞いて、みゆきさんのテレホンカードをプレゼントしていただいた。

画像

またもや、みゆきさんと縁がつながる。
というか、ただミニボンの知り合いと縁がつながっただけか。
オリックス劇場での、みゆきさんのコンサートが終わった。
みゆきさんを近くには感じたけれども、縁は繋がってはいない。
でも、気を取り直して、晩御飯でも食べてかえりましょう。
劇場の近くをウロウロ回ってみる。
ちょっとしゃれた店構えの、豚料理がメインのお店を見つけた。
中を覗くとテーブルに1組と、カウンターに1組座っていた。
これぐらいの人数が、いい感じだ。
オリックス劇場のチケットを見せると、割引しますという看板もあり、ここに決める。
カウンターに座ってメニューを見る。
長崎の島原で清潔に育てられた「芳寿豚」は、病原菌がないので、レアで食べることができるそうです。
折角なので、タタキで食べる。
さっぱりとした中にも旨味があって美味しい。
それに、豚のタタキなんて、他の店では食べることができないしね。
それと、このお店のいいところは、1人で来て色んな料理を食べたい時は、料理をハーフに出来るところです。
なので、その他にもトンカツなど、いろいろ食べさせていただきました。
スタッフの女の子も、1人で来ている凡に話しかけてくれたりと、気を遣ってもらって、すっかり酔っ払ってしまいました。
お店を出て、記念だからとお店の写真を撮った時に、吃驚しました。
お店の名前。
「なみなみ」さん。

画像

これはまた、みゆきさんと縁が繋がったような気がして嬉しかった。
「なみなみ」は、

なかじま。みゆき。なかじま。みゆき。」ではありませんか。
若しくは、
「なかじま。みゆきさんは。なんて。みりょくてきなんだろう。」の略か。
ちょっとしたオマケを貰ったような気分で地下鉄に乗り込んだら、酔っ払っているせいか、家とは反対方向に乗ってしまった。
まあ、今日は気分もいいので、これでいいか。
♪スイスイ、スーダララッタ、スラスラ、スイスイスイ♪っとね。

コメント

  1. うかれぶた より:

    なみなみ♪
    うけるぅ~ダッシュ(走り出すさま)わーい(嬉しい顔)
    なみふくに、投稿したら…載るょ!!
    ミニ凡さんの誕生日も、縁ぴかぴか(新しい)ですわね~
    TVで「チョンセ~ゲ~…」みたいに 流れるのが 気になりますが冷や汗
    魚座の 札幌出身で、
    漫画家の 大和和紀先生の「ハイカラさんが通る」のTV化される前から、
    尊敬する先生でして…
    「アラミス78」など
    みゆきさまっぽい 主人公と、イラストに 萌えたものでした。
    学校で、漫画クラブまで発足して 描いてた私って猫 後のみゆきさまに 通じてますな…
    あたしは、現実が…
    漫画と、
    おとぎ話♪の
    世界で、今だに生きてる猫

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    そうかな、投稿してみようかな。
    うかれぶたさんは、漫画も描かれるんですか。
    すごいなあ。
    ますます、ミステリアス。
    みゆきさんみたいだなあ。
    あ、いろいろコメント書いてもらって、ありがとう。
    返事が遅くなりました。
    福岡へ行ってたもので。
    みゆきさんの、縁会にね。
    千秋楽は、ちょっと胸に来るものがありました。

  3. うかれぶた より:

    ありがとう、凡さん♪
    言葉に、救いを感じます。
    この2ヶ月あまりで、、
    失ったもの…
    ♪こんな ことって~
    あ・り・か?
    状態ですげっそり
    でも、もうひとりの自分の心は 今を予知していたのも 事実げっそり
    この前、お茶を運んでいた時、よろめいたら…
    社長の湯飲みだけが、
    ぽ~んっ、と。
    飛び上がって、1m先に落ち割れたのだ。見事に、
    真ん中から二つに…げっそり
    他の茶碗や急須は、溢れも、微動だにもせず…
    あまりの滑稽さと、ポルターガイスト現象を友達に話したくらいだった。現実になってほしくないと思いつつね。
    忠告した処で、まわりは 動く筈もなく、悲しい結果に…
    こうして、楽しかった仕事も危うくなり…
    恋人もいなくなり…
    何もなくなったら…あとはGETするだけるんるん
    ♪望みの糸も、救いの糸も私は、切れてほしくな~い猫
    ANAのフロント係のスカーフ、私が手掛けたのょるんるん 見たら想い出してね猫

  4. うかれぶた より:

    凡さんも、
    かなり 縁力ダッシュ(走り出すさま) というようなものを持って いらっしゃる。んじゃないでしょ~かぁ?わーい(嬉しい顔)
    「なみなみ」との出逢いぴかぴか(新しい)また言っちゃうけど、
    そんな、どっきり!!
    が、他にもあるような?
    あたしの心は、鈍感だけど、
    周りの現象が 不思議な事が 生まれながらに起きるといいますか猫
    漫画みたいな 人生なのです。
    ♪人生は、短くて、忙しいの~。夢見る力、が ある限り、恋は消えない!!♪
    そうですょね、みゆきさまぴかぴか(新しい)
    縁で、色んな仕事に 巡り合ったけど、
    誰かには、一つの事も全うできない…なんて中傷されたりも。
    ♪言いたい人には、言わせておけばいいわ~♪
    全うなんて 他人にはわからん、自分の中に全うはある。
    それに、短い人生で、この仕事もいいけど あれも やってみたいムード
    この繋がりなのだ。
    ♪命はいったいどれだけのことを、出来るものかしら~♪
    一生に、一つの事でも、いくつのものでも、。

  5. うかれぶた より:

    みゆきさまは、
    「あたしは、もうひとりの自分に逢う為に、歌を唄ってるのょ…」
    と、云ってました猫
    わかる、気がする…
    もう ひとり、
    あたしも 自分を捜してる気がする…
    故郷をもたない 旅人。
    みゆきさまを、誰かに、演歌みたいと、言われても。
    わからない人は、かわいそうなだけ。
    たとえば、みゆきさまが
    演歌歌手で あったとしたなら、私は、
    みゆきさまの演歌を聴き、カラオケで、演歌を謳いまくります でしょうょウッシッシ
    こんな時代を、人生を、
    ずっと一緒に 居てくれる のは、みゆきさましか いないね♪
    この時に 生きて本当に よかった、また 言とっるけど猫

  6. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    ANAのフロント係りのスカーフにも係わってるなんて、すごいです。
    今度、見に行こう、フロント係の綺麗なお姉さん。
    じゃなくて、スカーフ。
    1つの事を全うするなんてことは、それは素晴らしいけれど、普通は、そんな風には生きられない。
    それに、うかれぶたさんは、素晴らしいと思うよ。
    好きな仕事をしたいと思って、色んな事をしてるんだから。
    1つの事を全うすると同じぐらい素晴らしいと思う。
    ぼくなんか、もう身動きが出来なくて、今の状態を続けているだけなんです。
    どうしようもなくて、いつも、もがいている。
    いっそ、ガラッと変えてしまいたいんだけれど。
    生活もあるものだから。
    目も耳も塞いじゃう。
    ぼくには、一体、もうひとりの自分はいるのだろうか。
    演歌歌手のみゆきさん。
    案外にイケルかも。
    音楽をジャンル分けするのもなんだと思うけれど、こころに響くものが演歌なら、みゆきさんの歌も演歌かもね。
    ま、何を歌ったって、何をしたって、みゆきさんは、それ自体が、かわいくて、素敵なんだから、何でもいいのであります。

タイトルとURLをコピーしました