平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。
日々のブログは、この下にありますので、こちらも見てくださいね。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

そうだ、ソウルへ行こう!(108)

2月の22日から2泊3日でソウルへ行ってきました。
帰ってきてから、飲み会や仕事やらで随分と書けませんでしたが、そろそろ再開しようかなと思っております。
もしよろしければお付き合いくださいませ。
せっかく写真も撮ったのでアップしていきます。
見苦しい凡が写っているかもしれませんが、消去しないでくださいね。
さて、この3日間のソウルでの様子を少しずつご報告いたします。
前日の21日の日曜日、この日は仕事で帰りが早く帰っても9時半ぐらいです。
いつも旅行の前の日は、デリバリのピザとかスーパーの寿司とか、あまり片付けなくてもいいものにしています。
でないと、帰るのが遅いのでそれから作って食べていると12時を回って次の日になってしまいます。
この日も、お弁当屋さんで弁当を買って、急いでビールを飲みました。
とはいうものの、そんなに急ぐ必要もないことはないのであります。
何故かというと、旅行の前の日は嬉しくてなかなか寝ることができません。
この日も少しうとうとしたぐらいで、嬉しくて寝られないのであります。
それに、家を出るのは守口市の朝6時発の空港リムジンに乗るので家を出るのは5時半ぐらいです。
となると、朝の4時半には起きないといけません。
朝の4時半なんて起きれるだろうか。
という心配も無用なのであります。
嬉しくて3時半には起きておりました。
空港へは最近はバスで行くことが多いです。
電車だと乗換えをしないといけないし、通勤の時間帯だと大きな旅行バッグなんかもっていると迷惑だろうなと思うとバスになってしまう。
今回は雰囲気を盛り上げるために、難波から南海電車のラピートに乗ろうかと思ったのですが、その時間帯にラピートはなかったので、バスになりました。
でも、バスって少し心配ですよね。
もし高速で事故があったりして遅れたらどうしようなんて考えたりしませんか。
凡はいつも考えます。
帰りはいいですよ、遅れても。
でも、行きは時間通りについてほしい。
今回も前日に京阪バスに問い合わせの電話をいれました。
「あのう、空港行きのリムジンは遅れたりしませんか。」
「その時間帯だと滅多に遅れることはありません。」
「滅多に、、、。」
その滅多にが怖い。
「滅多に?」
「滅多に。」
でも仕方がない。バスで行こう。
バスに乗るだけでこんなに悩む人はいるだろうか。
これからの、ソウルが心配ですね。乞うご期待。

コメント

  1. とっちゃん より:

    いよっ、待ってました
    早くデラックスの話が聞きたくて聞きたくて、うずうずしていました
    そうなんですよね~、旅行に行く前って嬉しくて嬉しくて眠れないんですよね~
    自分はいつも成田まで車で行くので、あまり深酒は出来ないし・・・
    寝なきゃ寝なきゃと思えば思うほど眠れません
    旅行記楽しみにしていますから

  2. 凡蔵。 より:

    とっちゃんさん。
    ありがとうございます。
    少しずつ報告していきますので、よろしければお付き合いくださいませ。
    今、少しでもと思い昼食時間にちょっと書きかけていたのですが、仕事に戻る時間が迫ってきてまして、帰ってから書かせていただきます。
    ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました