散散歩歩。(826)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(282)

8月20日(日曜日)深夜27時。
中島みゆきさんのオールナイトニッポン月イチのある日。
青春18きっぷの桃太郎神社の旅の途中でありますが、そんでもって、少し遅くなったけど、今日はこれを書かなくちゃ。
以前は、毎回、放送がある度に、放送の感想を書いていたのですが、ここ2、3回は、ヘトヘト生活で書けていない。
今回も、ハガキを書けなかった。
というか書かなかった。
ミニボンが、「もう、みゆきさんへの熱が冷めたんや。」と言う。
冗談じゃない。
少しばかりヘコタレはしているものの、みゆきさんへの恋心は燃え上がるのみなのでございます。
んでもって、今回は、やっぱりヘトヘトなことは変わりない訳でありまして、「みゆきさん、ごめんなさい。今日は寝て、明日タイムフリーで聴かせてください。」と寝たのではありますが、1時間ほどウトウトしたら、突然目が覚めて、もうそれから凡の可愛いお目目がパッチリコン。
寝ようとしても目が冴えて冴えて。
なら、そのまま起きていて、みゆきさんの可愛い声をライブで聴くことにしたのであります。
と、前置きが、これまた長くなりました。
そんでもって、、、、、
うかれぶたさん、おめでとうございます!
照雪さん、おめでとうございます!
聞き知った名前が読まれると、凡のことではないけれど、嬉しいものですね。
きっと、今頃、飛び上がって喜んでるだろうなと想像していました。
さて、今回の放送で感じたことは、いつもより少なかったかな。
放送の冒頭に、みゆきさんが、今度の夜会工場に向けて頑張ってることや、ロスにレコーディングに行っていたことなどを話してましたね。
スゴイね。
バイタリティあるよね。
凡なんか、他人から見たら、何でもないようなことにヘトヘトになって悩んでいるのに、みゆきさんは、前に向かって、どんどん走ってる。
みゆきさんも、いろいろ悩みやストレスや、疲れもあるだろうに、それでも走り続けるんだからね。
それを考えると、凡の恋心なんて、恥ずかしくなるね。
そんな仕事の充実感があるからなのかな。
今回の放送のみゆきさんの話し方に、力が入っているように感じた。
気が張ってるっていうのかな。
昼間仕事を真剣にやって、そんでもって、今、深夜にラジオを頑張っている。
そのラジオ番組も、仕事としてやってる。
仕事なんだから、それは、そうなんだけれど、いつもより仕事ライクな感じに思えた。
笑う時もね、大きな声でしっかり笑ってたような気がしたんだ。
マイクに向かってさ。
番組として笑ってるみたいな。
なんて言うと、みゆきさんを批判しているみたいに取られると、それは違う。
みゆきさんは、その存在自体が可愛いんだから、力の入った笑い方でも、気の抜けた笑い方でも、すべからく可愛いのであります。
ただ願わくば、凡の前では、気の抜けた笑い声を聞かせて欲しいのだ。
凡とみゆきさんと、横に並んでテレビのお笑い番組を見てる。
中川家の礼二さんの大阪のおばちゃんの物まねを、不二家のホームパイを口に運ぶ途中で手を止めて、口をアングリ開けて、目尻を思いっきり下げて見ている。
声なんか出ないけど、思いっきり笑っている。
凡は、その横顔を見てるんだ。
きっと、この上なく可愛いだろうな。
そんな感じかな。
気の抜けた笑い声。
なんて、そんなことの起こる可能性は、99.99999、、、パーセント無いのではありますけれどね。
んでもって、放送の内容で、みゆきさんって、そうなんだと思ったみゆきさん情報は、今月のお題でソーメンの話の時だった。
ハガキで「今年はまだ、2、3回しか食べていません。」とか何とかいう文章が読まれた時だ。
みゆきさんが、「えーっ、えーっ。そうですか。」(言葉は少し違ってるかもしれませんが、こんな風な感じ)というようなことを言った。
ということは、みゆきさんは、今年はもう、何度もソーメンを食べているんだと思った。
そういえば、みゆきさんは、麺類好きだものね。
そう思うと、急にソーメンが食べたくなってきた。
みゆきさん家のソーメンは、どんなソーメンなんだろう。
凡の母親が作ってくれるソーメンは、ガラスの器に水を張って、そこに氷を浮かべてソーメンを泳がせて盛り付けてあった。
なので、凡はそれがソーメンだと思っていた。
でも、結婚して、ミニボンが作ってくれるソーメンは、水を切って皿に盛りつけてある。
始めは、ちょっと違和感を感じたけれど、今では慣れて美味しく頂いている。
みゆきさん家のソーメンは、水に泳がせているのだろうか、それとも、水を切って盛り付けてあるのだろうか。
ソーメンのツユは、市販の甘いツユなのだろうか、甘くないツユなのだろうか。
そんなことが知りたいのであります。
もし、みゆきさん家の料理のレシピ本が出たら、みんな買うだろうなと思う。
みゆきさん家の料理作ってみたいよね。
そうだ、今回の放送で、少しばかりドキリとしたこともある。
4時になって、各地の天気予報を上柳アナウンサーが読み上げた後だ。
上柳さんが、今月で定年を迎えるという話になって、その上柳さんに対して、みゆきさんが、「働け。はったら~け。」と囃し立てたときに、手拍子を打ったんだ。
その音にドキリとした。
胸がキュっと締め付けられた。
なにか、リアルにみゆきさんを感じたんだね。
「パチパチ」というのじゃなくて、「ぺちゃ、ぺちゃ。」というのかな、或いは、「かちゃ、かちゃ。」というのかな。
ひょっとしたら、指輪とかペンとか、ハガキを持った手が当たってる音だったのかもしれない。
でも、凡には、少し湿った手のひらの皮膚の打つ音に聞こえたんだ。
キャー。
「湿った手のひらの皮膚」だよ。
凡が書いたって、エロティックに聞こえちゃうね。
まあ、エロティックは置いておいて、みゆきさんの手のひらが急に愛おしくなった。
きっと、実際に見たら、可愛くて、美しい手のひらなんだろうな。
と、いろいろ感じたことはあるけれども、今月もまた、みゆきさんの声は、美しくて、可愛くて、素敵だったのではあります。

画像

=========================================
平 凡蔵。へのファンレターや
       お褒めの言葉は
sansanpopo@tairabonzou.jp
=========================================

コメント

  1. うかれぶた より:

    凡さん、お久しぶりで ございます♪
    そして、葉書も 久しぶりすぎでも、きっと 凡さんは 聴いてくれたかと、嬉しいです。
    ありがとうございます♪
    私も、毎回 大阪、の言葉にドキリ!と反応しちゃうんですょ。
    それに、こうして みゆきさんを愛でる文章の継続だけで 素晴らしいし、私も元気もらえます♪
    私なんて、月一枚死守がやっとで、しかも ねたがないと リクエスト曲に、コメントを長々書いて、一秒でも みゆき声を聴きたい。などと 姑息な手段になっとる次第であります。
    そう、ギックリになっても、激痛で救急車に乗っても、入院しても、肺がんで余命半年と宣告されても、、薬を放棄しても、、
    みゆきさんには、一枚の葉書を書いてきました。
    今回は、感激涙より、大阪のおばちゃんみたいに、手を叩いて「やっだ!あっははは~!!」って こっ恥ずかしさに1人叫んでたし。 どんなみゆき声にも、不思議な力がある♪
    お笑いのつぼも同じ気がする。凡さんとの縁も、人生の一部でした。
    た、じゃないな。
    宣告はされたけど、みゆきさんが創る凡ての作品を 観ないうちは、私は 逝けないのです♪

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    ラジオから、みゆきさんの声で、うかれぶたさんの名前が呼ばれたときは、ドキリとしましたよ。きっと、今頃、喜んでるだろうなってね。でも、もしかしたら、寝てるかもとかね。
    私も月1枚が精一杯です。なかなか思いつかなくて、考えても、頭真っ白けなんですよね。
    って、そんなことよりも、うかれぶたさんのコメントを読んで、その内容の方が、ドキリというか、ビックリしましたよ。
    肺がんで余命半年って、それは本当なの?いつの話なんですか?
    今は体調はどうなんでしょうか。いろんなことが気になって。
    クスリを放棄してと書かれてますが、それについては、わたしも抗がん剤は、絶対とは考えてないのですが、それにしても、思い切りましたね。
    頑張っている人に、頑張ってという言葉は、かえって言ってはいけないという人もいますが、私は、それでもあえて、頑張っている人に、頑張ってと言いたいんです。だって、そんな言葉しか思いつかないんですもん。
    なので、ゆかれぶたさんにも、応援の気持ちを送りたいです。
    というか、余命宣告なんて、あてにならないのも、事実ですよ。
    みゆきさんの歌を聴きまくって、免疫高めて、頑張ってくださね。
    また、近況、出来ればですが、たまに聞かせてください。

  3. うかれぶた より:

    ありがとうございます♪
    凡さん。
    今やっと、頑張って!との応援が本当に嬉しいです。体験者じゃないとわからない境地かも。
    ランナーズハイ♪みたいな~
    今年、2月の入院で、あと1年だったから。
    しばらく、みゆきさんの声も遠く、頭の中も真っ白でした。
    今やっと、みゆきさんの応援歌が胸に届くようになりました♪
    そして、来年1、2月にはコンサートもあるとか!
    夜会とコンサートWなんて、私に 渋谷においで♪と、コクーン以来の みゆきさんと私の思い入れの地に誘ってくれている訳ですょ♪
    これは、死んでる場合ではありません!
    絶対行かなきゃ♪
    この前、念願の木魚を買って、みゆきさんの曲とコラボさせてみました♪
    こんな馬鹿な日々を送ってます。
    まだ、1人カラオケでフリータイム五時間唄ってますし、元気なのでしょう♪

  4. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    あははは、木魚とみゆきさんのコラボなんて、誰も考えませんよ。でも、そこが、うかれぶたさんのナイスなところですよね。面白いし、素晴らしいです。
    んでもって、1人カラオケもしるってことで、少し安心しました。
    2月にそんなことがあったら、それは、頭が真っ白になるのは、当然ですよ。
    自分、どうなるんだろうって思いますよね。
    でも、今は、薬を放棄したことで、きっと良い方向に向かっていると思いますよ。無責任なコメントだけれど、きっと大丈夫だと思う。
    んでもって、夜会工場に行きましょう。
    でも、今回、すごく当選の確率が低くて、当たる感じしないんだけれどね。
    今日も、事務局先行に申し込みました。東京の公演です。
    また、出待ちの場所で、私めを見つけてくださいまし。んでもって、声もかけてくださいね。
    と、アホな事書いてますが、応援してますので、ガンバッテくださいね。

タイトルとURLをコピーしました