平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。
日々のブログは、この下にありますので、こちらも見てくださいね。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(754)正真正銘ムーの旅。(1)

先月の11月2日だったか、ムーチューブという、雑誌ムーの編集長の三上さんとmi-coさんが、ムーの発売前に、その内容を喋るという企画に行ってきたときのことをブログに書いた。
その時の話は、お時間がありましたら、覗いてみてくださいね。⇒⇒⇒
https://tairabonzou.jp/201611_article_3_html
そんでもって、その時は、東京のムーの旅が、いつの間にか、東北や北海道に向かう迷走の旅に変わっていた。
まあ、それも楽しかったのですが。
そんな事のあったムーチューブなのですが、12月もあるというので、申し込んでいた。
今回は、その時の話でございます。
ということで、今回は、間違いなく、正真正銘のムーの旅であります。
====================
12月07日(水曜日)。
いつものように、関空から成田まで、ピーチで移動。
関空、11時20分発、MM315便。
成田、12時45分着。
あ、そうだ。
関空で、松屋の今ネットで話題になっている「鶏と白菜のクリームシチュー定食」を食べた。
クリームシチューがご飯に合わないとか、クリームシチューに味噌汁はいらないとか、いろいろ書かれているけれども、その賛否については、他の人に任せて、実際に食べてみたところ、ご飯にも合うし、味噌汁も必要で、普通に美味しかったですよ。

画像

ただ、作り方を見ていると、調理済みの鶏をチンして、それを更に鉄板で焼いて、後から、チンしたシチューの液体を掛けていた。
「鶏、煮込んでないやん。シチューやのに。」と、ツッコミをいれたくなった。
というか、ネットで話題になってることよりも、シチューに白菜って、そっちの方が、不思議なんだけれどなあ。
それとも、白菜にシチューは、メジャーなのかなあ。
と、一応、最近流行りの事を書いてみまして。
成田空港からバスで東京駅まで移動しようかと思ったら、バス停に予約の人が並んでいて、予約なしは、その後の便だという。
前は、席が余っていれば、すぐに乗れたのですが、方針が変わったのかな。
なので、バスを止めて、電車で移動することにした。
京成本線の特急に乗り込む。
ここで、今日のホテルが浅草なので、そのままホテルに行くのが、普通だろう。
なのだけれど、赤坂で今日もやる夜会の出待ちに、直行すれば間に合う時間だ。
ムーチューブを見るために東京へ来たのですが、それはそれとして、ちょうど時間が合うから、これは行ってみたくなる。
なので、ホテルでチェックインをしていると間に合わなくなる可能性もあるので、ホテルには寄らずに、赤坂へ向かう。
ただ、赤坂の入り待ち場所に直行すれば、時間が余る。
なので、TBSのビルの中の、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のスマホ用撮影パネルでタイマー撮影したりして、時間を使う。
「逃げ恥」人気ですよね。
ミニボンも、毎週、一所懸命見ていますよ。

画像

そして、入り待ちの場所へ移動。
みゆきさんが現れたのは、いつもの15時55分ぐらいだろうか。
誰かが、みゆきさーんと声を掛けたら、振り返って「おはよう。」だか、なんだか、そんなことを返してくれた。
そして、最後に入口に入る時も、半身で手を振ってくれる。
可愛いんだもんね。
とはいうものの、あれって、こっちを見てないなと思うんだな。
始めに振り返ったときも、一瞬だし、完全にこっちを振り返ったとまでは言えない角度だし、最後に入口に入る時も、半身だもん。
こっちを見てない。
ひょっとしたら、目玉だけ、キューとね、無理やりに横にやって、こっちを見ているのかもしれないけれどね。
、、、ということは、前から見たら、みゆきさんは、白目?
ひょっとしたら、凡の好きな白目になっているのかもしれないね。
それなら、見てみたいものである。
とはいうものの、振り返るのも、半身なのが、みゆきさんなのかもしれない。
そんな半身のみゆきさんも、みゆきさんである訳で、それはそれで、ある意味、可愛いのである。
さて、正真正銘ムーの旅ではありますが、少しだけ、みゆきさんを感じて、ホテルに向かう。
今日のホテルは、浅草の駅から、10分ぐらいだろうか。
少し歩いたところにある「ニューホテルバンドン」さんだ。
2泊3日で、税込み8400円と、安いので決めた。

画像
画像
画像

(壁のカレンダーが雰囲気あるね)
見た目は、街のビジネスホテルという感じだ。
入口を入るとすぐにフロントがあって、ロビーとか、そういうものはない。
鍵式なのですが、夜はフロントが閉まるので、ずっと持っていて良いとのことだったので、これは有り難い。
勿論、フロントは閉まるけれども、入口は24時間空いています。
部屋は、やや狭いが、ベッドメイキングなどは、清潔なシーツで整えられているし、バスタブなんかも、大きくはないが、充分だ。
トイレも、便座の大きさが、どちらかというと、他のビジネスホテルに比べても、良い方だ。
ただ、ウォシュレットではないけれど。
今年は、色んなビジネスホテルに泊まったけれど、それで思ったことがある。
街の、小さなホテルの方が、掃除などが、ちゃんとされているように思う。
例外もあるけれども。
そうした小さなホテルは、概ね安いことが多くて、実際泊まってみると、その代金を考えると、満足度が大きい。
どのホテルにしようかと迷った時に、高い方のホテルにして、ダメだった時のショックは大きいものね。
安い方は、どうせ、この値段だからと、そう思って予約するせいか、案外良かったりする。
このあたり、面白いね。
ということで、今回の、ニューホテルバンドンさんも、1泊4200円という金額を考えると、なかなか、良かったです。
いつも、この値段なら、利用価値はあるなと思った。
さて、これから新宿御苑前のインドレストラン「パペラ」さんに向かう。
ムーチューブの撮影会場だ。
18時30分ちょうどぐらいにお店に入ると、既にお客さんが2名、1番前に座っていた。
凡も、その横に座る。
ビールとダンドリー料理のハーフを注文。
始まる前に、横にいた2人と、少し話などをする。
第73世武内宿禰こと「むっちゃん」さんのイベントにも参加されているとこのと。
凡も、ちょっと聞いてみたい人なんですよね。
ネットでは、見ているのですが、実際に会ってみたいと思う人だ。
開演の時間になって来ていたお客さんは、凡以外に5名だったかな。
なので、ある意味、贅沢な企画である。
しかも、来ている人は、少しばかりコア。
イベントの内容は、雑誌ムーの1月号の内容と同じなので、割愛。
とはいうものの、それに付随した話が面白いのではありますが、沢山あったので、それも夢源樹さんのホームページで見て頂くことにして、ここでは置いておきたい。
三上編集長の話も面白かったし、mi-coさんも、これはアシスタントとして頑張っていたな。
何しろ、2人で喋るので、会話に間が空いてしまうといけない。
その辺り、mi-coさんは、かなり気を遣って、会話が途切れないようにとか、やってた。
なかなか、出来ないよ。
後半で、質問コーナーがあるのですが、今回もまた、凡の質問が読まれて、三上編集長が、それについて喋ってくれた。
こういうのが、少人数の楽しさだよね。
さて、イベントが終わって、またもや、mi-coさんと記念撮影。
それにしても、mi-coさんは、優しいんだよね。
こんな凡にでさえ、優しく話をしてくれる。
それに、可愛いしね。
ん?ひょっとして「中年キラー」なのだろうか。
そう思えるぐらい素敵な魅力のある人ではあります。

画像

(可愛くて、優しくて、仕事も頑張り屋さんなんだよね)
さて、お店を出て、隣に座っていた人と新宿駅まで移動。
そこで分かれて、凡は赤坂に向かう。
勿論、目的は、みゆきさんの出待ちだ。
だって、時間があるもんね。
ちょうど、今から行っても間に合うもんね。
ということで、赤坂のACTシアターまで行ったのだけれど、時間がちょっとだけ早い。
まだ会場の中で、みゆきさんが、最後のIndiaGooseあたりを歌っているぐらいだろう。
いいなあと、会場の中を覗く。
今からでも、ちょっとだけ中に入れないかなと思う。
入口に、スタッフの女性が集まっていたから、無理だね。

画像

(今、中ではみゆきさんが歌ってんだよね)
22時20分ごろかな、終わったころに、出待ちの通用口辺りに行く。
寒い。
今日は寒いね。
時間としては、やっぱり23時前ぐらいかな、みゆきさんが出て来て、今回も誰かと一緒にタクシーに乗り込んだ。
そういえば、誰かとタクシーに乗るのは、前回も翌日が休演の日だったな。
やっぱり、これからご飯でも食べに行くのかな。
みゆきさんが誰かとタクシーに乗っている時は、そのタクシーの中で話をしていることも多くて、こっち側、つまり外を見ていない時もある。
今回も、タクシーがグルッと回ってきたときは、みゆきさんは外を見てなかった。
でも、行き過ぎるときに、一瞬の半分ぐらい、こっちを見てくれたかな。
やっぱり、可愛いなあ。
とはいうものの、前回にみゆきさんが、他の人とタクシーに乗り込んで、走り去って行ったときは、どうにも悔しくてというか、苦しくて仕方なかったのですが、今日は、幾分、落ち着いている。
というのも、今日は、今さっきまで、ムーチューブを見ていたので、その内容が頭の中を、かなりの部分占めていたんですよね。
面白いなと思ったことが、頭の中を回っていた。
UFOや超常現象、都市伝説とか、他の人にバカにされているかもしれないけれど、案外とそうところに、世間の真実があって、目に見えているマスメディアで当然とされている世界が、嘘だったりするのかもしれないと、凡は、真剣に思っているのだけれど、なので、そんな企画での話題が楽しくて楽しくて。
だって、今回のアメリカ大統領の選挙だって、日本のマスメディアの報道がヒラリーさん一辺倒だった時に、トランプさんが当選するって言っている人が何人もいて、みんなバカにされていたんですよね。
それが、蓋を開けたら、トランプさんだった。
今も、その理由について、テレビなどで、真面目そうに理由を解説したりしている人がいますが、そんな理由よりも、選挙前からトランプさんの当選を公言していた人の説明の方が、納得がいくのですけれどね。
そんなのは、テレビでは報道されない。
って、ところが、また凡が、不思議なものにハマる部分なんでしょうね。
ただ、今回のアメリカ大統領選について、雑誌ムーの編集部では、ヒラリーさんが当選するものとして、特集を用意していたそうで、急遽、「選挙前にトランプさんが当選するって言ってた人、探せーっ。」って感じで、記事を差し替えたそうです。
そんな話も、ムーチューブでは紹介されていて、楽しかったなあ。
あ、そうだ。
そのトランプさん当選を予言していた人に、松原照子さんという人がいて、1月号のムーの特集になっているのですが、面白いことを言っているそうです。
「東京オリンピックは、開催されない。」と。
面白いですねえ。
楽しいですねえ。
凡は、こういう予言が、大好きです。
何故かと言うと、オリンピックが開催されるか、されないか、2つに1つだから、ハッキリしている。
解釈の仕方によって、当たっているような、当たってないようなという予言じゃないものね。
ということで、オリンピックが楽しみになりました。
さて、出待ちも終わったので、兎に角、浅草まで戻る。
さて、ここでだ。
東京の土地勘のある人なら、すぐにルートを頭の中で思いつくのだろう。
でも、凡は、土地勘もないし、地下鉄の路線図も持っていない。
なので、ネットの路線検索で調べることになる。
これは、便利なんですよね。
兎にも角にも、目的地には、たどり着くことが出来る。
でも、どういう風に行くのがベストなのかは、目安はマークで表示されるけれども、後は自分で考えなきゃいけない。
その時も、凡はネットで路線を検索した。
すると、赤坂からメトロの千代田線で表参道まで移動して、そこで銀座線に乗り換えて、浅草まで移動するというものだった。
なので、まずは千代田線で表参道まで移動。
そして、銀座線に乗り込む。
ドアのガラス越しに駅のプレートを見てたら、赤坂見附の駅に着いた。
おかしいなと思う。
すると、また溜池山王駅に着く。
ここで、「エーッ。」と叫びそうになった。
わざわざ千代田線の電車を待って、乗り込んで、移動して、また銀座線に乗り換える。
その時間を考えたら、赤坂から赤坂見附や溜池山王まで歩いて行った方が、早かったんじゃないかと思う。
このあたり、どうなんだろう。
東京在住の人に聞いてみたいところである。
さて、浅草に戻ってきたら、遅いけれども、何かを食べよう。
とはいうものの、空いているお店は、限られている。
ラーメン屋があって、尾道ラーメンと書かれた看板があって、そこにアンガールズの山根さんの写真があった。
広島出身ということで宣伝に起用されたようだ。
久しぶりに尾道ラーメンもいいなと思った。
で、ここに決定。
ラーメン花月「嵐」さん。
定番の味は他にあるようだけれど、期間限定の尾道ラーメンを頼む。
それと、ビールと、にんにくの効いたミニ丼。

画像
画像
画像

(カウンターに、こんなチラシもあった。両面に説明がいっぱい)
さて、浅草で食べる久しぶりの尾道ラーメン。
1口スープを啜って、甘口だなと思う。
ただ、そのスープも、そして、コシのない平打ち麺も、尾道ラーメン、そのものだった。
確かに、尾道ラーメン。
もう少し、背油があっても良いけれども、多すぎるよりは良いか。
それにしても、山根さんがお金を貰って宣伝はしているのだけれど、味的には、これは本音でオススメなのかもと思った。
さて、晩御飯も頂いたので、ホテルに戻って寝ることにしよう。
今日は、みゆきさんの入り待ちもしたし、目的のムーチューブも見たし、最後には、出待ちもしたし、いろいろしましたね。
おやすみなさい、みゆきさーん。
とはいうものの、今日は、頭の中は、ムーが、若干勝っているような。
やっぱり、正真正銘ムーの旅であります。

画像

(ホテルのキーも、雰囲気在るなあ)

画像

=========================================
平 凡蔵。へのファンレターや
       お褒めの言葉は
sansanpopo@tairabonzou.jp
=========================================

コメント

  1. ゆけむり より:

    おっ、早速話題のシチューを食べたんですね!
    食べていない自分がアレコレ言うのはおこがましいですが、シチューと言うよりも鶏と白菜のクリーム煮っぽいのかなぁ?なんて思って昨今のニュースを見ていました
    味噌汁が合う合わないは食べる人が、正確には注文した人が食べた後に判断すれば良いので、いちいちニュースで合うか合わないかやらなくてもって思っちゃいます
    自分が基本的にお安いホテルをベースに、どこにしようか考えます
    手頃なホテルが空いて無くて、しょうがないからややお高いホテルを予約したのに、イザ行ってみたらイマイチと言うか、アパとかの方が安くて全然良かったって事は往々にしてありますよね
    あれはショックが大きいですよね(笑)
    今回はお手頃なのに当りだったようですね
    そうそう忘れるとこでした
    実は昨日のFMヨコハマでムーの三上さんがゲストで出てらして、色々な話をしていました
    あっ、凡蔵さんがアップしていたムーの事かと、ちょっとしてから分かりました
    内容はアメリカ大統領選の予言についてもありましたが、超常現象がメインで特にNASAの機密文章とUFOの事について
    特に興味深かったのがアポロ計画でのUFOや宇宙人などに関するトークで、なぜ月面探査はアポロ計画で終了したのか?とか、万が一何かを発見した時の事を伝える隠語、例えばサンタクロースが居たとか何しろ話に引き込まれました
    説得力のある話で、なるほどなるほどと唸ってしまいましたよ
    雑誌ムー、なんだか読みたくなってきましたよ

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、ゆけむりさん。
    ちょうど目に入ったので、注文してみました。
    料理としては、ボリュームもあって、美味しかったです。
    でも、シチューなのに、煮込んでなかったです。
    それから、FMヨコハマは、ラジオですよね。
    聞いてらっしゃったんですね。
    それで、三上編集長が出ていたということで、ラジオにも出演するんだなと知りました。
    内容をお聞きしたところ、私が今回行った企画と同じような内容ですね。
    ゆけむりさんの好きな話題かどうか、気になるところですが、言われてみると、そうかもと思われませんでしたでしょうか。
    私も、本当の真偽は、さておいて、話としては面白いですよね。
    ただ、私は、そんな、ホンマでっかな話も、その裏には、真実が含まれていると思っているんですよね。
    来年あたり、UFOの話も、もっと出てくるようですし、トランプさんやプーチンさんの来年の動向も気になります。
    雑誌ムーは、今発売されている1月号は、結構、私的には面白い話が多かったように思います。
    ホテルは、やっぱり期待しないで止まるのが1番かな。
    私は、それと、予約する前に、口コミを必ずチェックします。
    それで、掃除などの評判が良いところを中心に検討します。
    ただ、ハード的な部分については、それほど気にしません。
    安いホテルなので、そこまではねえ。
    スタッフの対応が重要ですよね。

タイトルとURLをコピーしました