平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
もちろん、無料ですよ。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(505)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(177)

5月3日の月イチの続きであります。
みゆきさんが自転車に乗れないことは驚いたけれど、今回はみゆきさんの笑っている声もたくさん聞いたし、他にも「そうなんだ。」っていう話があった。
放送が始まって、最初の方にUSJの話になって、リスナーのハガキが紹介されて、みゆきさんはどんなアトラクションがいいかというような質問だったかな、それにみゆきさんが答えて、「並ばないのがいいな。」って言ってたね。
気が合うなあ。
凡もミニボンも並ぶのは好きじゃない。
いや、この場合はミニボンは、どっちでもいい。
凡はみゆきさんと、並ばないという点では気が合うようである。
みゆきさんが並ばないという理由は、何なのだろう。
シンドイとか面倒臭いという並ばない理由もあるけれど、みゆきさんは、それとは違うと思う。
並んでも入りたいとか、乗りたいというのは、そのもの自体が人気のあるものだったり、流行のものだったりするものである。
である時に、並ばないというのは、人気のあるものや流行のものに興味がないということである。
詰まりは、多数の人とは違った価値観を持っているということだ。
詰まりは、変わった人。
凡の「変わってる。」は、最上級の褒め言葉である。
よし、その点でも、凡とみゆきさんは合ってるな。
あれ?ひょっとして、みゆきさんはB型だったりして。
血液型B型同士の相性はどうなんだろう。
そうだ、みゆきさんとの生年月日の相性はどうなんだろう。
気になるなあ。
とはいうものの、会うことも叶っていないのに占いの相性なんて知ってどうするの。
無意味なことを考えてしまった。
そんでもって、価値観だ。
みゆきさんの価値観って、どんなんだろうね。
並ぶ並ばないの価値観も知りたいけれど、生活していく上での価値観。
もっとかっこ良く言うと生きていく上での価値観。
みゆきさんと価値観が違うことが同じだって嬉しがっていたけれど、肝心の価値観の内容が問題なんだ。
凡の価値観なんて、ネガティヴでどうしようもない価値観だ。
言い訳や妥協でひねくれまくった価値観。
そんなものは要らないと凡も思うんだけれど、細胞の中にまで染み込んじゃってるよ。
それに比べて、みゆきさんの価値観は、もっとポジティブで軽やかなものに違いない。
優しくて、穏やかで、それでいて、おてんばで、そんな価値観なのかな。
それは、分からないけれど、そんな話をみゆきさんとしてみたいな。
或いは、凡の想像が外れて黒くてドロドロした価値観だったりしてね。
でも、それでも、いいや。
みゆきさんだったら、それもいい。
凡は、それに付き合っちゃいますよ。
でも、価値観は、置いておいて、みゆきさんとUSJとか遊園地に行ってみたいな。
凡もみゆきさんも、並びたくないから、ベンチででも座ってお話するとかね。
それも、いいなあ。
そんでもって、今回の放送で関東では誰でも知っている「すあま」というお菓子。
関西では通じないことが大ショックって言ってたね。
昨年末、夜会で中村中ちゃんが演じた猫の名前が「すあま」だったんだけど、凡もその時に初めての、その存在を知りました。
今度、東京へ行った時に食べてみようと思う。
きっと、美味しいと思うな。
みゆきさんが名前に使うぐらいだから、みゆきさんも好きなのかな。
そう思うと、さらに食べたくなっちゃいますね。
そんでもって、結婚指輪をなくしたというリスナーの話に、メールが沢山来て、盛り上がってましたね。
みゆきさんの「指輪祭りだっちゃー。」と言った声が可愛いかったな。
因みに、凡もミニボンも指輪はしていない。
何か付けてると窮屈だもんね。
というか、そんな情報は要らないね。
みゆきさんって、指輪してるよね。
勿論、結婚指輪じゃないけれど。
この前の紅白で歌った時に指輪を付けていた。
可愛かったね。
でも、プライベートでは、どうなんだろう。
指輪してるのかな。
自分で買いに行ったりするのかな。
まさか、貰ったりするのだろうか。
それは、嫌だな。
だって、指輪って特別な意味を持たせるのに使ったりするものね。
悔しいな。
と、またも妄想から無意味な嫉妬を抱いてしまう。
いつか、みゆきさんに指輪を贈れるような存在になりたいものであります。
いや、みゆきさんに指輪をオネダリされるような存在がいいか。
いや、みゆきさんはオネダリはしないだろう。
というか、そんなことはデートできたときに考えればいい。
いつかは、分からないけれどね。
そんなこんなで、今回の月イチは、みゆきさんの知らなかった一面についても聞くことができて良かった。
そして、みゆきさんの笑った声にウットリとしたのであります。

コメント

  1. うかれぶた より:

    御機嫌よう♪凡さん♪
    あたしも、並ぶのいいや派で~す(^o^)/
    東京在住の頃は、よく友達に誘われるままに、某有名遊園地の アトラクションも、気の進まぬままに待って、、乗ってはみたものの…はやく降りたい、ばかりで後悔の何物でもない。
    そう、高い所、速いもの、暗い所は、恐怖の何物でもなく楽しいとは みじんも思えず…
    じゃない場所でも、2、3時間まちで見るに価するものを見出だせず…
    「すあま」
    お祝い事に、紅白で貰うイメージが。子供心に「あんこ入れ忘れた?」みたいに、、なんとも 甘党の私にしては、ふむっ…な代物。
    甘金時の赤飯♪は、シンクロなのに、、
    みゆきさ~ん、甘餅不解。(-゜3゚)ノ

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    うかれぶたさんも、並ぶのいいや派なんですね。
    ということは、これまた、みゆきさんとうかれぶたさんと私と、並ばないシンクロですね。
    ひょっとしたら、意外と並ぶのいいや派は多いのかもしれませんね。
    でも、並んでる人の方が、見てると幸せそうにも見えるんですよね。
    何だか楽しそう。
    なんてことを言っててはいけませんね。
    うかれぶたさんも私と一緒に叫びましょうよ。
    「並ばなくても、少しは、幸せでーす。」ってね。
    、、、?少しは?
    遊園地も、子供の頃はジェットコースター大好き少年だったんですが、今は絶叫系は、まったくダメです。
    イッツ・ア・スモールワールドぐらいが丁度いい。
    「すあま」は、今度東京へ行ったら、絶対に食べますよ。
    有名なお店とかあるのかな。
    想像では、ういろうの少し硬いのという感じなんだけど。
    楽しみだけど、東京行く時まで覚えてるかな。

タイトルとURLをコピーしました