平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
もちろん、無料ですよ。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(319)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(77)

WOWOWに入っていて良かった。
4月28日に、みゆきさんの番組があったんですよね。

画像

(WOWOの情報誌の記事)
WOWOWは、もともとミニボンが1年に1回だけ見たい番組があって加入しているんです。
昔から年末の大晦日にサザンの年越しライブというのがありまして、それを見たいが故に、それだけの為に入れていたのです。
最近は、WOWOWのチャンネルも3チャンネルに増えたので、映画なども見るようにないりましたが、普段はあまり見ない。
でも、入っていて良かった。
「中島みゆきLIVE・歌旅・劇場版」
歌旅の発売されているDVDも持っているんだけれど、そして、昨年は映画館の大画面で見たのだけれど、今回の放送はハイビジョンで、もっているDVDより画質が良い。
ということは、もっときれいに、もっと身近で、みゆきさんが見れるのであります。
もともと、凡は歌を聴いてファンになった訳じゃない。
みゆきさんの歌なんて、1曲か2曲しか知らなかった。
昨年の8月まではね。
でも、みゆきさんに一目惚れをしてしまったのでございます。
ファンじゃなくて、大好きな人なのです。
彼女にしたいのです。
なので、歌を聴くようになったのも、その後なのであります。
いい曲を沢山書いていますよね。
それに、歌っている声がまた、いい。
というか、歌も何もかも、すべて、いい。
なので、CDの歌を聴くのもいいのだけれど、どちらかというと映像を見たいのです。
可愛くて素敵なみゆきさんを見たい。
なので、今回のWOWOWの放送は、ハイビジョンの綺麗なみゆきさんに会える素敵な時間なのであります。
とはいうものの、日曜日は仕事なので、録画をしました。
そんでもって家に帰ってから見ましたよ。
内容は見たことがあるんだけれど、やっぱり画像が綺麗な分、みゆきさんの可愛さが、より引き出される。
「うっとり。」
それにしても、実際のみゆきさんは、どんなだろう。
身長は?
体重は?
スリーサイズは?(うぉっほん。ゴホゴホ。)
そうえいば、みゆきさんの実像は知らないことばかり。
何時も頭の中には、みゆきさんがイメージとしてあるのだけれど、実際の大きさなどが不明なまま、凡の頭の中でみゆきさんが、動いている。
そして、大きさの不明なみゆきさんとデートして。
大きさの不明なみゆきさんの腕にしがみついて、「みゆきさーん。」なんて言ったり。
大きさの不明なみゆきさんと見つめ合ったりね。
そんな不明で曖昧な妄想を、日々いたしておる訳でございます。
きゃー、変態なんてね。
実際のみゆきさんが知りたいよ。
昭和62年に発行された新潮文庫の「片想い」という本の中古をアマゾンで取り寄せたのですが、その対談の記事の中に、こんなことが書かれていた。
それは、所ジョージさんとの対談だ。
「中島さんて、レコードのジャケットや雑誌で見るよりおきれいですよ。立体的で。イメージ違ったなァ。」
「中島さんて、色白いですね。」
「顔がこぢんまりしてんだよね。ちっちゃいの。ボソッてね。てんそくみたいのやられてたんですか、ちっちゃい頃。」
これって、みゆきさんをべた褒めしていませんか。
本当に近くで見ても、「きれい」なんですね。
それに、「小顔」。
小顔かあ、、、、、どんなだろう。
凡の周りには小顔の人は存在しないから、想像も出来ないよ。
小顔って。
小顔って、やっぱり可愛いよね。
ということは、自然、天然、みゆきさんは可愛いんだよね。
そんでもって、その小顔から想像すると、意外と小さな人なのかもしれないですね。
ギューっと抱きしめたくなるような、そんな可愛い女性。
これはもう、会いたさが、更に爆発してしまった。
「会いたい!」
でも、会えない。
本当に会うことが出来る日まで、とりあえずは、WOWOWのテレビでも見て、我慢の日々であります。

画像

(新聞の広告)

コメント

  1. うかれぶた より:

    WOWOWはいいわね~ぴかぴか(新しい)
    そういう時には羨ましー(長音記号1)
    この前NHKの「SONGS」えぬえちけいの、イメージを思うせいか…
    みゆきさん、文章を読む感じの抑えた口調で …
    音声だけなのが 残念でしたが、
    みゆきさんの 時代 に対する 気持ちが 熱く伝わりました涙
    当時の歌謡祭の映像と♪
    「いつか、無になって歌えたら…そんな時がくるんでしょうか」結んで。
    言葉にしないけれど、一番先に 病室の最愛のお父さんに聴いてもらい、優勝も見ずに去ってしまった。
    きっと みゆきさん、お父さんに捧げた唄 ではないかと私は 思います。
    自身は、子供が鼻歌で呟いたように即興でつくった、と語っておりましたように、売り出す為にではなく、お父さんに呟いた、と 私は 思っちゃう。
    今までに 大衆の応援歌にもなっている「時代」
    無で歌えるのは いつかしら。って みゆきさまの気持ちを勝手に察して、涙する うかれぶた猫
    みゆきさまの全てが好きだな猫

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、うかれぶたさん。
    NHK、私も見ましたよ。
    良かったですね。
    てめ、もっと、みゆきさんを出して欲しかったなあ。
    私にとっては要らない部分が多かったです。
    それにしても、
    うかれぶたさんの、みゆきさんに対する思い、時代に対する思いは、半端じゃないですね。
    みゆきさんの今の活躍を、お父さまに見せてあげたかったですね。
    そして、皆から愛されてることを。
    あ、優勝した時の、みゆきさん、可愛いかったですね。

タイトルとURLをコピーしました