平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
もちろん、無料ですよ。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(232)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさん。その7。コンサートチケット取りました。

会いたい。
みゆきさんに会いたいのであります。
なのでありますが、今の段階でみゆきさんに会えるのは、コンサートぐらいだ。
そして、今からちょうど、みゆきさんのツアーが始まる。
コンサートなんて自分でチケットを取ったことが無いので、さてどうするかであります。
ファンクラブに入った8月末では、もうファンクラブの優先予約は終わっていた。
ミニボンは、昔はサザン、今は桑田佳祐のコンサートに毎年行っていますが、いつもファンクラブの応援団で予約をしているので、その他のチケットの取り方を知らない。
そこで調べてみると、チケットは何もファンクラブで取ることだけが優先じゃないということのようだ。
みゆきさんで言うと、制作会社のエピキュラスの先行販売、夢番地などの各地の興業元の先行販売、イープラスやぴあなどのチケット販売会社の先行販売などがあるし、通常のチケット販売もあるし、場合によっては当日券もあるらしい。
取り敢えずは、申し込まなきゃチケットは取れないことは、間違いがない。
ただ、大阪での公演は、来年の1月の下旬だ。
そんな先の予定は立たないし、毎年の予定として、そのあたりに催事があって休めるかどうか何とも言えない。
神戸公演は、10月の下旬にあるのだけれど、ちょうどその時期に桑田佳祐さんのコンサートが松山市であって、今年の6月から予定を入れている。
これはミニボンとの約束で外せない。
休みを取ると言っても1泊が限界だろうから、神戸も無理なのであります。
大阪も神戸も無理ならば、もう地域を無視して休めそうな日にちの場所を探そう。
条件は、休みが1日だけになってしまっても、次の朝の1番の交通機関で大阪に帰れば、仕事に間に合う場所だと言こと。でなきゃ安心できない。
ということで、東京、広島、福岡の3地区を選ぶ。
初めてのみゆきさんのコンサートということで興奮しちゃって、どこかに決めようと思っても頭が空回りして1カ所に決められなかったんですよね。
ミニボンに一緒に行くかと聞いたら行かないと言う。
なので、どこも凡1人だけで行くことにする。
東京と福岡は、イープラスの先行販売で、広島は夢番地の先行販売で、それぞれ申し込んだ。
申し込みの日と結果発表の時期はそれぞれ別々なのですが、もうドキドキなんですね。
何しろ初めてのコンサートチケットの申し込み。
当選できるのか、できないのか、確率も知らないし、どうも不安なんですよね。
そして、発表当日にメールをチェックすると見事当選していた。
しかも、別々の発表日だけれど、東京も広島も福岡も取れてしまった。
後になって、またイープラスで東京の先行販売の追加をしていたので、案外と席が空いているのかもしれないな。
でも、兎に角うれしい。
みゆきさんをこの目で見られるのでありますから、今から頭に血が上ってボーッとしてしまうのでございます。
とはいうものの、3地区も行くとなると、これは相当の旅費が必要となる。
それを考えると、どうもミニボンには言い出しにくいな。
「みゆきさんのコンサート、3カ所ぐらい行っていい?」
恐る恐る聞くと、意外にもあっさりと、
「いいよ。」と返事が返ってきた。
ありがとう、ミニボン。
もう50歳を過ぎたオッサンが、急に、みゆきさん、みゆきさんって言い出したと思ったら、3カ所もコンサートに行くって言い出す我儘を、すんなり許してくれるなんて。
ミニボンも中々のものでありますよね。
「そしたら、みゆきさんと何ぞ事あったときのために、新しいシャツとか買っとこか。」とミニボンが言った。
こう言い出したのは、最近凡が悩んでいることがあるのでありまして。
どうも、中年になったせいなのか、体臭が臭くなってきたのであります。
しかも、プラスすることに、元から汗かきの凡だったのですが、その汗が色のついた汗に変わってきたのであります。
すぐにシャツが汗シミで黄色くなる。
これじゃ、みゆきさんと何ぞ事があったときに服なんか脱げない。
服を脱いだと思ったら、シャツがまだらに黄色いなんて、どうも嫌なのである。
そんな心配もしてくれて、これもまた感謝なのであります。
ごめんね。そして、ありがとう。
凡は、みゆきさんに会いに旅立ちます。
それにしても、シャツが臭くて黄色いのはなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました