平 凡蔵。の 創作劇場

恋愛ストーリーや、コメディタッチのストーリー、色んなストーリーがあります。
どれも、すぐに読めちゃう短編なので、読んで頂けたら、うれしいです。
日々のブログは、この下にありますので、こちらも見てくださいね。

創作劇場は、ここをクリックしてください。⇒⇒⇒

散散歩歩。(57)パンダの教訓。

眠たくなったから、寝ちゃおう。
わーい。急に遊びたくなったから、遊んじゃえ。
好きなものばっかり食べて幸せ。
パンダを見ていて得た人生の教訓だ。
ゆっくり、のんびり、心の向くままに生きられたら、どんなに幸せだろうと思う。
兵庫県立美術館に、ザ・コレクション・ヴィンタートゥールを見に行った後、近くにある王子動物園にパンダを見に行った。
凡はパンダが大好きだ。
どうして、パンダというのは見ていて、こうも癒されるのだろうか。
その可愛らし仕草は、いくら見ていても飽きない。
あの白と黒のコントラストが可愛いのだろうか。
特に目の周りのタレ目のような黒いところが、たまらない。
とはいうものの、普通のクマを、あんな風に色づけしても、可愛くないだろう。
白と黒のクマはやっぱり怖い。
でも、パンダは可愛いのです。
可愛らしさは、あの仕草にあるのでしょうね。
パンダを見るなら、王子動物園が一番のオススメです。
白浜のアドベンチャーワールドや、北京の動物園に行って、パンダを見たことがあるのですが、王子動物園はそれよりも、はるかに見やすいんです。
それほど大きくない動物園ですが、パンダに限らず、動物を見るということについては、いろんな工夫をされていて、すごく身近に動物を感じることができるようになっています。
動物園としては、凡の一押しであります。
パンダについても、パンダが自由に遊べる庭と、天候の悪い時などにいるガラス張りの部屋があって、そのどちらも、ほんのすぐ近くでパンダを見ることができるのです。
しかも、時間帯によってはお客さんの数も少ないので、ずっと見ていることが出来るのもいい。
兵庫県立美術館を見た後は、美術館の中にある、レストラン「ラ ピエール ミュゼ」で遅めのランチを食べたりしたので、王子動物園に着いたのは4時前だった。
閉園は4時半なので30分ちょっとしかありません。
でも、ここまで来たんだしパンダを見て帰りたいので600円を払って入園。
一直線にパンダのいる場所に向かった。
パンダは庭にはいなくて、その裏のガラスの部屋にいた。
でも、パンダは寝ていた。
ズドーンと大きな体を台の上にうつ伏せになって、気持ちよさそうに寝ている。
動いてないので少し残念だけど。
パンダだから仕方がないですね。
自由気ままが可愛いパンダなんですから。

画像

パンダの部屋の前には、凡以外に一人の女性がいて、愛おしいっていう表情で見入っていた。
ずっと寝ているので、折角だから、他の動物も見て回る。
シロクマやコアラを駆け足で見て回るが、もう時間がないので、最後にもう一度パンダの部屋に戻ることにした。
やっぱり、王子動物園のパンダは違うな。
ちゃんとサービス精神を心得ている。
大きなタイヤの真ん中の穴に、どっかりと座って、笹を無心に食べていた。
笹の葉の先の方を何度か口でむしり取って、その先の笹の葉を束にしたものを右手にもって、左の口から食べる。
その左に回した右手が可愛い。

画像

しかし、パンダも、急に目の前に現れた笹の葉を、不思議だと思わないのだろうか。
でも、それがパンダなんだ。
自然体。
人間の計画されたレールの上に乗っているんだけど、そんなことはどうでもいいっていう体で、その流れに乗っかって生きている。
目の前に美味しい笹の葉が現れたんだから、美味しいんだから、何も考えずに食べればいい。
そんな姿にホッとする。
パンダの部屋の前には、先ほどパンダに見入っていた女性が、まだ愛おしそうにパンダを見ていた。
彼女もまた、パンダ中毒者なのか。
他人の目も気にせずパンダを見つめている。
ひょっとしたら、朝からこのガラスの前にいるのかもしれない。
彼女もまた自然体。
パンダに会うとみんな自然体になるのかもしれないですね。
帰りは阪神電車で梅田までもどる。
電車の揺れが凡をウトウトの世界に誘う。
ここはパンダのように自然体。
ウトウトと眠りながら帰ることにしよう。

画像
画像

コメント

  1. oriver より:

    パンダは上野動物園かアドベンチャーワールドって思ってました。
    パンダはどこに行っても人気があるから、ここは穴場ですネ。
    白クマの寝姿もかなり可愛いです(*^_^*)

  2. 凡蔵。 より:

    ありがとう、oriverさん。
    そうなんですよ。パンダを見るなら王子動物園が一押しですよ。
    何しろ空いてるので、ずっと見ていても大丈夫。
    それに、ここのパンダはサービス精神全開で、お客さんのほうに向かって、食べてくれたり、本当に近くで見ることができるんですよ。
    最近まで、2頭いたのですが、今年1頭が亡くなって寂しくなってしまいましたけど、1頭でも一所懸命パンダしてくれてるんで、応援しなきゃです。
    神戸からすぐに来れるので、神戸観光には是非コースに加えてほしいな。

  3. koji より:

    こんばんは。
    ボクは『生パンダ』見たことないんです。
    昨年、初めて『上野動物園』にいったのですが、お亡くなりになったあとでして…
    だから、凡蔵さんがうらやましいなあ。
    かわいい写真をありがとうございました。

  4. 凡蔵。 より:

    ありがとう、kojiさん。
    パンダがいる動物園って限られてますもんね。
    その点、神戸が近いと、いつでも見られていいでよ。
    こんどは、生赤ちゃんパンダが見てみてみたいです。

タイトルとURLをコピーしました